ここから本文です

交通事故の損害賠償で支払われるのは治療費と休業補償と慰謝料ですよね。

アバター

ID非公開さん

2017/6/515:32:51

交通事故の損害賠償で支払われるのは治療費と休業補償と慰謝料ですよね。

治療費や休業補償については病院に支払った額であったり実際の収入がどうかなどで金額が出せると思いますが慰謝料についてはどのようにして金額を出すのですか?

閲覧数:
330
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

松浦さんの画像

専門家

2017/6/1301:16:53

交通事故・後遺障害を専門とした行政書士です。

交通事故の慰謝料について
交通事故の慰謝料は、「むち打ち」や「腰椎捻挫」等の他覚的所見の無い傷害(軽症)と、「脊髄損傷」や「腱板断裂」といった他覚的所見がある傷害(重症)で、慰謝料は変わります。
今回は、他覚的所見の無い、「むち打ち」や「腰椎捻挫」などの傷病名で説明します。

慰謝料の算出方法には、自賠責保険基準の他に、任意保険基準や裁判基準(弁護士基準)がございます。

慰謝料、の計算方法は、下記を参考にしてください。
今回は半年通院したケースで説明しております。


自賠責保険の通院慰謝料について
自賠責保険は1日4,200円を基本とし、通院回数×2と通院期間の短い方を慰謝料の基礎とします。
例えば、通院期間6ヶ月、通院回数100回の場合
6ヶ月(180日)<100回×2で180日が基礎となり、
通院慰謝料は4200円×180日=75万6千円となります。

治療費を含めて総額120万円を超えますと、任意保険基準や裁判基準となります。
自賠責保険の慰謝料等について
http://jiko110.org/hoken/jibaiseki.html


任意保険基準の基準の通院慰謝料について
通院慰謝料は、現在では各損保会社独自の算定基準がありますが、算定基準が一律であった、旧任意保険基準で説明します。
自賠責保険と同様に、通院回数×2と通院期間の短い方を慰謝料の基礎とします。
その期間を旧任意保険基準の慰謝料表の通院期間(または通院回数×2)に当て嵌めて算出します。

通院期間6ヶ月と仮定した場合の、慰謝料は旧任意保険基準で、金62.7万円程度となります。


裁判基準の基準の通院慰謝料について
自賠責保険と違い、通院回数×3と通院期間の短い方を慰謝料の基礎とします。
その期間を裁判基準の慰謝料表の通院期間(または通院回数×3)に当て嵌めて算出します。

通院期間6ヶ月と仮定した場合の、慰謝料は裁判基準・赤本(別表Ⅱ)で、金89万円程度となります。

詳しくは、下記を参考にしてください。
http://mutiuti110.jp/compensation/kizyun.html
http://jiko110.org/accident/standard.html


任意保険の慰謝料より、裁判基準の方が慰謝料は高額なのですが、裁判基準での請求は可能ですが、弁護士の示談交渉や行政書士に慰謝料の計算書等のお願いしないと、裁判基準での示談は、裁判を提訴しないと応じてもらえないでしょう。
ですが、正当な金額も分からなければ、示談交渉自体に不安が残るのも事実です。

ですので、裁判基準は示談交渉の上限と理解して、一定金額は譲歩する前提で示談交渉をすると、スムーズな示談が期待できるかもしれませんね。

参考になれば幸いです。
以上です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

松浦さんの画像

松浦 靖典

行政書士

交通事故専門の行政書士です。お節介な程熱意をもって接します。

[お知らせ] 全国対応・毎月3名 限定無料キャンペーン! 後遺障害・異議申立の等級認定の可能性を無料判断 □ 傷みやしびれ等が残っているけど、申請すれば後遺症に認定される? □ 等級の認定結果が非該当だった、なんで認定されないの? やむち打ち症状...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/6/517:53:14

貴方は今?通院なさってるんですか?
そんな心配なさらなくても
ちゃんと
保険会社さんから
郵送で支払いに関して書類が届きます
過失割合や
重度な過失でも
変わってきますので
その場になってから
解らないなら質問された方が良いとおもいますよ、
悪しからず

プロフィール画像

カテゴリマスター

ichirou2006さん

2017/6/515:49:25

自賠責保険から払われる、治療費・慰謝料・休業損害・通院交通費の合計120万円枠内は、下記の計算方法です。

自賠責保険での慰謝料計算方法
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/jibaiconso.html

ただし、この計算方法だけで解釈する事はお勧めしません。
事故当初は、安静治療で、通院日数が少なく、リハビリに入ると通院が増え(リハビリ施設・人員がいる整形外科の場合、週に5日のケースも)、完治または症状固定前は通院が減る傾向があります。

医師の指示通りの治療をお勧めします

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。