ID非公開

2017/6/7 1:42

77回答

高校生でイラストレーターの方(イラストでお金を稼いでる方)いるじゃないですか。とても羨ましくて、同じ歳なのにこんなに違うなぁって、思うんです。比べる、とは違うくて憧れを抱いてます。もっとはやくから好きに

高校生でイラストレーターの方(イラストでお金を稼いでる方)いるじゃないですか。とても羨ましくて、同じ歳なのにこんなに違うなぁって、思うんです。比べる、とは違うくて憧れを抱いてます。もっとはやくから好きに なっていればよかった、どうやったらなれるんだろう?って。絵をたくさん描いてTwitterに上げろ、と思うと思いますがどんな絵だとただの趣味じゃなくて売れる絵になるのでしょうか。また、どうやってグッズを作っているのか、コミケ?などで売りに行ってる方見ますがそれはどのようなものでどのようなレベルになったら参加できるんですかね??

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

精神論ではなく実際問題的な部分で答えさせていただきます* まず、「名前を知られる」ということが重要ですよね! そのために、あえて変わったHNをつけて覚えやすくする方もいます。 何故なら、Twitterは実際拡散力はそれほどないからです。 Twitterなら見てもらえる!と思いがちですが、ユーザー数が莫大な数いるため流れやすく「予想以上に反応が無い」がほとんど。 すごくクオリティが高いか、インパクトかないとRTされずいいねで終わってしまいます。 そこでより見てもらうには、タグを利用してフォロワー以外に見てもらいRTの機会を増やします。後は繋がりたいタグ等で趣味が同じ人を探し、交友を広げます。 でも親しくないとRTしてくれないこともあるので仲良くなりましょう; 次に、わざわざ流行りのアニメを調べそこに乗ることで常に盛り上がりの輪にいる方もいます。 その方がユーザー間の勢いがありますからね pixivは偏りが大きいので、片手間くらいでイログとかでいいと思います。オリジナルになったとたん閲覧数が減るようなところなので。 売れる絵は、とにかく流行りの絵柄だと良いです…… 小説の表紙やアプリのキャラデザより、カードRPGのカードイラストが一番依頼が来やすいですかね? つまり、RPG風の甲冑や武器や魔法エフェクトが描けるようにしておくと良いと思います。 長くなったので、コミケは割愛。 綺麗事を抜きにした現実的な小汚い話しになりましたが、参考にしていただければ幸いです!

その他の回答(6件)

0

質問文の「イラスト」関係をスポーツ…例えば将棋にでも置き換えてみてください。 高校生でプロ棋士の方(将棋でお金を稼いでる方)いるじゃないですか。とても羨ましくて、同じ歳なのにこんなに違うなぁって、思うんです。比べる、とは違うくて憧れを抱いてます。もっとはやくから好きになっていればよかった、どうやったらなれるんだろう?って。 練習をたくさんこなして試合に出ろ、と思うと思いますがどんな打ち方ならただの趣味じゃなくてプロになれるのでしょうか。 なんとなく答えが見えませんか? 「どうやったらなる」じゃなくて、 「なるべくしてなる」んです。 日頃の積み重ねです。体型や学力と同じです。 「たくさん描いて」とご自身が仰る様にたくさん描いてください。 なお、この時のたくさんとは「とにかく枚数をこなす」という意味ではありません。 「売れる状態にまで完成させた絵を増やす」という意味です。 ノートの切れっ端に描いた落書きはカウントに入りません。 コンテストに提出するものと思って、1枚1枚もてるすべてをつぎ込んで描く…それを何百枚もこなしましょう。 「やりたいなぁ」と言ってる段階では何も成らないです。 コミケには申し込みさえすれば基本的に誰でも参加できます。 でも参加すれば売れるってものでもないですよ。 何百人もが質問者さんの作品の前を素通りする…そんな場所です。

0

この世界は運がかなり全てですから 運にうまく乗っかれるかどうかです。 ありがちなのが 1.あなたのように先輩作家に憧れる 2.その時始まった作品で二次創作したくなり、下手だけどする 3.その作品がたまたま大ブレイク 4.需要>供給なので一気に人気作家扱いに 5.ちやほやが良モチベになってみるみる上達 6.イベント初参加、初めて作った同人誌は即完売 というパターンです。 ですがこの運を逃すと 1.上記と同じ 2.二次創作したいけど下手だからと躊躇 3.上記と同じ 4.慌てて参入するがあっという間に供給過多、淘汰対象に 5.下手で見向きもしてもらえずやる気をなくす 6.イベント参加も見送ってしまう という、大変面白くないパターンに陥ります。 今のあなたは完全に後者のパターンに 乗っかりつつありますね。 下手なのを理由に全てを後手に回しても 何もいいことありませんよ。

0

流行りの絵柄で尚且つ画力が高い、とにかく毎日高品質な絵をたくさん上げていて生産力が高い、特定のジャンルの絵で特に有名な絵描きの立場であるといった様な人がネット上などでスカウトされることはあるようです。あとは募集している所にどんどん売り込みをかけている人もいます。 同人誌やグッズは画像データを作成し、印刷業者にお金を払えば作ってもらえます。 コミケはアマチュア向けイベントですので参加に資格や技量の審査はなく抽選のみです。どんなに下手な人でも申し込んで当選すれば参加できます。勿論売れるかどうかはまた別ですが。

1

>どんな絵だとただの趣味じゃなくて売れる絵になるのでしょうか。 クライアントの希望に沿った絵だと売れます。 イラストレーターはアーティストではなくクリエイターです。 自分の好きな絵を描いて評価してもらうアーティストとは違います。 まずクライアントがいて、そこから来た要望に応えるのがイラストレーターです。 なので、クライアントの要望によっては、好きでもない絵を描かなければなりません。そういうお仕事です。 クライアントの要望とイラストレーターの作風がマッチしていれば依頼がくるでしょう。 >どうやってグッズを作っているのか 印刷所等にデータを送ってお金を払えば作ってくれます 調べればいくらでも出てくるので調べてみてください コミケの参加は当選すれば誰でも出来ます 画力の有無は関係ありません

1人がナイス!しています

0

高校生で商業イラストレーターはほとんどいません。 というか、発注する側からすると未成年相手なので権利関係や 原稿料の支払いをきっちり出来るところ以外は難しいです。 イラストレーターは資格ではなく、自分の画力とセンスで勝負 する職業なので、何枚も作画を起こして下積みをし、自分の 絵調を確定させることが必要になります。 上手い絵と売れる絵は別物です。 上手い絵とは、デッサンや構図上、整ったもの。 売れる絵とは、デッサンや構図を無視しても欲しい読みたいと 言われるものです。例えば、ちびまる子ちゃんや西原理恵子作品 などは知らない人から見れば、素人作品に見えますが ストーリーが秀逸なので売れています。 グッズ製作については、印刷会社が窓口になって、グッズの テンプレートを提供されますので、そのテンプレート通りに イラストを描いて入稿すればグッズは出来ます。 コミケや同人誌即売会は抽選で出展参加できるものなので 画力が無くても参加できます(が、無名時代は赤字で苦労します) 私はコミケに参加して本を売るようになってからまもなく20年 になりますが、流行りの作品に乗った時は、手抜きでも売れましたし 流行りが終わった時に真面目に作っても売れなかった時もあります。 元になる作品のファンブック(=二次創作)は流行り廃りが ありますので、流行りの作品ジャンルにイナゴのように移動し続ける 作家も多くいます。 まずは、多く作画をして自分のオリジナルの絵調を確立させる ことが重要ですので頑張りましょう。