ここから本文です

咄家が亭号を替えるのはどんな場合がありますか?

oob********さん

2017/6/706:21:02

咄家が亭号を替えるのはどんな場合がありますか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
88
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pos********さん

2017/6/709:19:43

例えば、柳亭市馬師匠

柳家小幸→さん好(二つ目)→柳亭市馬(真打)



林家木久扇師匠

桂木久男(三代目三木助に入門)→林家木久蔵(三木助死去に伴い八代目正蔵門下に移籍)→木久扇(隠居名的な改名)


三遊亭好楽師匠

林家九蔵(彦六に入門)→三遊亭好楽(彦六死去に伴い五代目圓楽門下に移籍)


上記のように昇進や移籍により亭号が変わります。

他には五明楼玉の輔は春風亭小朝門下であさ市より五明楼の名跡を名乗っています。


談志師匠が金治が小三治襲名で立川談志となったケースもありますし、蝶花楼馬楽(四代目小さんに譲られた名跡)時代に弟弟子(馬楽は外様)の九代目小三治が五代目小さん襲名に伴い、海老名家より借り受けた林家正蔵へと、弟弟子の大名跡襲名に似合う(バランスのとれる)名跡を名乗るケースもあります。


その彦六師匠が、師匠の改名により三遊亭から扇遊亭に亭号がかわり、橘家圓蔵の内輪弟子になり橘家になり、稽古をつけてもらってた二代目圓楽より名を譲られ三代目三遊亭圓楽を、・・・というケースもあります。

質問した人からのコメント

2017/6/13 08:32:17

回答ありがとうございます!
勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sei********さん

リクエストマッチ

2017/6/915:21:25

昇進(二つ目→真打ち)の場合が多いです。

それと、前の師匠が他界したなどで、師匠替えをした場合ですね。

まあ中には、改名が趣味(または必然)のような、志ん生やブラックのような特例もありますが…

プロフィール画像

カテゴリマスター

yan********さん

リクエストマッチ

2017/6/708:02:44

ほとんどは、真打ちに昇進したとき。

真打ちになる前でしたら、師匠が亡くなり他の師匠の弟子になったとき。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる