ここから本文です

関西圏のJR西日本は利益はあまりでていないですか?

アバター

ID非公開さん

2017/6/1101:34:40

関西圏のJR西日本は利益はあまりでていないですか?

京都ー大阪ー神戸(三ノ宮)と三大都市を通るJR東海道線。

しかし、どの区間も半額程度で乗る客が大半ですよね。

通勤定期券は普通運賃の約半額、通勤時間外は昼得きっぷという
平日の10時~18時と土日終日使えるきっぷが6枚つづりで
1枚あたり約30%引き。しかし京都~大阪間も大阪~三ノ宮間も京都~三ノ宮間も
特定運賃でもともと正規運賃より20%以上も安い運賃設定をされているので、
実質半額以下。なので定期の客、定期外の客でもかなりの比率で半額以下で乗車しているでしょう。
さらに車両もグレードの高い転クロ、関東みたいに車内は広告だらけというわけでもない。

こんなんで儲かるのでしょうか?これで儲かるなら、関東のJR東日本なんてぼろもうけですね。特定運賃もなし(あっても微々たる割引)、割引きっぷも普通回数券だけ、
車内は詰め込むだけのロングで、ついでに電子広告、紙の広告、シールの広告と
車内は広告だらけですから。

例えば大阪~三ノ宮間、距離は約31キロなので、560円の運賃区間になりますね。
それを特定運賃で150円(約30%引き)で410円で。
ここに昼得きっぷだと30%以上引いて270円
https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/07/page_7407.html
とかですし。

三ノ宮,JR西日本,JR東日本,特定運賃,三ノ宮間,営業係数,JR西日本全体

閲覧数:
291
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rap********さん

2017/6/1210:44:39

当然儲けがあります。
ちなみに昼間特割きっぷは2015年10月より販売価格が変更されています。
たとえば大阪-三ノ宮・神戸間は、12枚綴り2980円から6枚綴り1620円になりました。
1乗車あたりで248円から270円になりましたから、実質22円の値上げです。

なお仮に大阪-三ノ宮間を幹線運賃の580円あるいは電車特定運賃の550円(いずれにしろ560円ではありません)のようにしたとするならば、乗客数は1/2では済まず1/5から1/10程度にまで激減するでしょう。
つまりJRは薄利多売で平行私鉄からの乗客奪取に成功しているのです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/6/1212:17:51

    回数券の値上げは金券ショップ対策もあるのでは?
    12枚って結構あるので、
    回数券かって半分を金券ショップに売るとかしてた人が結構たくさんいましたから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

eco********さん

2017/6/1105:23:59

儲かってる。
東海道線の営業係数は、59.7円
つまり、ぼろ儲け。
これ以外にも、営業係数が100円未満の路線が、阪和線や湖西線など、複数有り、それと、新幹線で、赤字路線を支えている。
JR西日本全体の営業係数は、89.4円。
十分、健全だと言える状態。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる