ここから本文です

戸籍・住民票の閲覧制限について質問です。母親が毒親で、自分の新住所を知られた...

y_c********さん

2017/6/2502:27:21

戸籍・住民票の閲覧制限について質問です。母親が毒親で、自分の新住所を知られたくありません。

籍はもう抜いていて、自分一人の独立世帯です。自分以外の者が同一戸籍にいません。

この

場合、親は私の住民票や戸籍を請求することはできるのですか?

また、警察や役所の機関に相談し、閲覧制限をかける場合、
その制限は住民票・戸籍共に保証されますか?

よろしくお願いします。

閲覧数:
589
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ngy********さん

2017/6/2503:24:01

① 家庭内暴力やストーカーによる被害者の支援措置は、加害者に被害者の住所地を知られないための措置です。
このため加害者・加害者の代理人に対し発行を禁止するものは、
✳️「住民票・旧住所地の住民票(転出先の記載あり)」
✳️「戸籍の附票・旧本籍の除附票」
が対象になります。
(注)正当な理由のある第三者に対しては、住民票・附票の発行は禁止できません。
(注)本人の請求の場合も本人確認が必要です。なりすまし防止のため、本人の委任状を持参しても代理人による請求は拒否されます。

② 「戸籍謄本」は発行禁止の対象とはなりません。戸籍謄本には「住所地の記載がない」からです。
ただし、住所地に本籍をおくと、加害者が本籍地が住所地であると考えてやってくる可能性があります。直系血族である父母は理由なしで戸籍は請求できます。したがって、住所地に本籍(戸籍)を置かないようにしてください。

③ 発行禁止措置を『取っていない場合』は次の通り。
✳️住民票や転出した後の除住民票は同一世帯の人は理由の説明なしで取得できます。
✳️別世帯の場合は、親族・その代理人・第三者は、正当な理由がない限り取得できません。ただし、本人の委任状があれば取得できることは言うまでもありません。
✳️戸籍の附票は、分籍して一人戸籍の場合でも、直系血族(父母、祖父母など)は理由の説明なしで取得できます。

④ 転居する前に、住所地の市区町村に支援措置の相談をし、警察署の証明を受け、再び市区町村に行きます。住民票の異動届は市区町村と相談して支援措置を実行してからにします。

質問した人からのコメント

2017/6/25 17:28:30

参考になりました。明日役所へ行ってみますり。ありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる