ここから本文です

不動産売買契約締結時の手付金の保全について 未完成物件 5%以上か1000万...

アバター

ID非公開さん

2017/6/2716:36:52

不動産売買契約締結時の手付金の保全について

未完成物件 5%以上か1000万超え
完成物件 10%以上か1000万超え

の場合に保全する必要があるとききますが、

➀これは不動産屋が売主になった場合の事ですよね?

②不動産屋が売主でなく仲介する場合、手付金は保全しなくていいのでしょうか
例えば
売主一般人で不動産屋仲介の場合
1500万手付を預かったとします。この場合、保全の必要ないのでしょうか

③合わせて、
保全の必要がない場合で、手付金を売主に渡さない場合は
不動産屋が自分の事務所で保管するのが一般的ですか。

④保全する場合は、証明書のようなものが届くのでしょうか。
だいたいどれぐらいで届きますか。

閲覧数:
116
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mas********さん

2017/6/2718:08:11

➀これは不動産屋が売主になった場合の事ですよね?

その通りです。正確にいうと不動産屋ではなく宅地建物取引業者です。


②不動産屋が売主でなく仲介する場合、手付金は保全しなくていいのでしょうか

その通りです。


③合わせて、
保全の必要がない場合で、手付金を売主に渡さない場合は
不動産屋が自分の事務所で保管するのが一般的ですか。

一般的にはその通りです。
ただしこれは、手付の額とか、仲介会社の規模・信用度にもよります。
駅前のおじいさんが一人でやっているような仲介会社に、
1000万円とかの大金は預けられないですよね。


④保全する場合は、証明書のようなものが届くのでしょうか。
だいたいどれぐらいで届きますか。

手付金と交換で預かり証が発行されるのが一般的です。


なお、第三者的な立場で手付の保全をしてくれる機関があるのですが、
色々あって利用のハードルは結構高いです。

アバター

質問した人からのコメント

2017/7/4 17:44:39

ありがとうございます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる