ここから本文です

一酸化炭素中毒は、COがヘモグロビンに結合することにより起こる。このCOの結合力...

kilto_suouさん

2017/7/1302:53:47

一酸化炭素中毒は、COがヘモグロビンに結合することにより起こる。このCOの結合力はO2の250倍であるが、ヘム鉄だけの場合は2000倍となる。このように、生体内では結果的にCOの毒性が弱められる

事になる理由を説明せよ。
この答えがよく分かりません。
講義で解答を教えてもらえなく、答えが分からずモヤモヤします。どなたか教えていただけませんか?

補足生体無機化学の講義です。

閲覧数:
79
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

naka777nobuさん

2017/7/1305:48:20

よく分かりません。
COの毒性とは
COがヘモグロビンと強く結びつくので、
酸素と結びつくことができず、
酸素を組織に運べなくなることです。
何処の誰の授業ですか?

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。