ここから本文です

昨日コードブルーを見て医者ももちろんかっこいいけどそれよりヘリのパイロットが...

アバター

ID非公開さん

2017/7/1812:15:54

昨日コードブルーを見て医者ももちろんかっこいいけどそれよりヘリのパイロットがかっこいいと思いました。どういう学校に行けばドクターヘリのパイロットになれるんでしょうか?

補足文理で言ったら理系ですよね?

閲覧数:
258
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sle********さん

2017/7/1813:08:19

日本の場合、民間のフライトスクールに入ります。ただヘリコプター操縦士の養成ができるスクールは限られており、ヘリコプター運航会社の指定を受けたスクールでないと「その後」はありません。文理の区別で有利不利はあまりなく、パイロットとしての適性(判断力、論理思考、空間把握力など)が重要です。費用はトータルで1000万円、ただし補助が出るので負担は半分です。スクールに通い、国家資格である操縦資格を取得すればパイロットになれます。

そしてドクターヘリのパイロットになるには、操縦資格を取得してから2000時間の飛行時間が必要です。1日2時間フライト、毎日やっても1000日、つまり3年弱かかります。実際のところ毎日2時間なんて無理で、内容もただ飛べばいいというものでもなく、飛ぶ機会がそれなりにあってもだいたい10年はかかります。そこまでいって、操縦技術と経験も十分と判断されればドクターヘリのパイロットになれるかもしれないのです。

アバター

質問した人からのコメント

2017/7/18 22:12:30

詳しくわかり易かったのでベストアンサーに選びました!ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

axy********さん

2017/7/1818:55:33

事業用ヘリコプター操縦免許

自動車いう二種運転免許教習所。

自動車と同じ様に自家用免許を取得してから事業用(二種)を教習して試験となります。

日本の事業用を目指すのであれば一般的には、
自家用(米) → 自家用書換・取得(日本) → 事業用 (日本)となります。

日本の事業用ですが、自家用と違い海外からの書き換えは認められていませんので、国内で試験を受けて取得することになります。アメリカの事業用を持っていれば国内の事業用の試験の一部免除が受けられますが、それほど大きなメリットがありません。


---アメリカへいく---
自家用訓練 40~50時間
タービン機訓練 10時間
アメリカの自家用試験
機長の時間付け 35~40時間
順調に行けば3~4ヶ月 費用は生活費込みで400万~500万くらい??
---帰国する---
日本自家用書き換え(日本の自家用免許取得)
事業用訓練 60時間~(人による)
事業用試験受験 → 合格 → 免許取得
期間1年~ 費用は400万円~

国内事業用を受験するためには150時間以上の飛行時間が必要ですので最低でもそれ以上は飛ぶことになりますが、150時間きっちりで国内の試験に合格できる人はほとんどいませんので必ず足ります。

またアメリカでの試験は筆記も後述も実技も全て英語で行われますし、管制とのやり取りも全て英語になりますから「ある程度」の英語力は必要ですが中学校レベルで大丈夫です。

sto********さん

2017/7/1812:53:13

ドクターヘリの操縦士は2000時間以上のフライト経験が無いとなれません。ただ、人手不足のため、1000時間に短縮しようという動きもあるようですが、自衛隊でパイロットだったとか、そういう方たちが多いと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる