ここから本文です

アイロンの熱の焦げ? 白いブラウスの襟部分をキーピングなどつけずにそのままア...

cure_milkyさん

2017/7/1815:17:54

アイロンの熱の焦げ?
白いブラウスの襟部分をキーピングなどつけずにそのままアイロンしたらなんだか薄く黄色くなりました。
焦げたのでしょうか?
やはりキーピングをして低温でアイロンし

たほうがいいのでしょうか?

閲覧数:
31
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/7/1817:01:50

キーピングなどのノリを付けたほうが焦げる場合もあり何とも言えませんが、そのブラウスの素材と温度があっていなかったり、アイロンが汚れていたり、そもそもエリ汚れがあり、アイロンで目立ったりしたのかも。

温度以外は無いなら、やはり素材に合った温度で当てるしかなく、低温ではシワが伸びない場合で、化学繊維なら霧吹きで水をかけて(スチームではなく)、綿の大きなハンカチ(できれば白い物)か、透けて見えるメッシュタイプの専用の当て布を当ててアイロンを。

綿が多く含まれたワイシャツなどはしっかり霧吹きで水を与えながらなら少々高温でもまた、当て布なしでもきれいに仕上がります。
但し、アイロンの動き方を見て、布がくっ付いてきそうなら熱い証拠で、様子を見ながら当てます。

湿らさずに、高温で長く押し当てすぎたりして、すでに焼けたり溶けたようになったものは元に戻すのはむつかしいでしょう。

質問した人からのコメント

2017/7/19 17:59:55

ありがとうございました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

暮らしと生活ガイド

家事

  • 掃除
  • 洗濯、クリーニング
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。