ここから本文です

熊山先生、リクエストさせていただきます。 今月も、もう3分の2が過ぎました。 ...

uto********さん

2017/7/1920:50:24

熊山先生、リクエストさせていただきます。

今月も、もう3分の2が過ぎました。
ちょっと何かで遊んだり、作業している内に
あっという間に1ヵ月が過ぎます。

夢ややりたいことがあるのに叶わず、
時間の流れが速すぎて年だけ取っていきます。
年を取っていく(死や老いに近づいていく)のが怖いです。

かといってどこか冷めている所があって
燃えるような行動力や情熱もなく結局何も出来ません。

陳腐な悩みですが、、どのように考えると良いでしょうか。

閲覧数:
361
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

熊山達也の画像

専門家

2017/7/2010:09:10

リクエストありがとうございます。

私もあなたと同じように感じることがあります。
そして、私たち人間のほとんどは、そのように感じて生きていると思います。では、「私は死を恐れています!」と言っている「私」とは「誰なのでしょうか?」。

次のように自問してみて下さい・・・
「年を取っていくのが怖いです!と誰が言っているのか?」
「結局何もできません!と誰が言っているのか?」と。
真の問題は、「誰」がそれを言っているのか? ということです。
それを言っているのは、人間の苦しみの根源である自我(エゴ)以外にはありません。そして、エゴは虚構、聖なる催眠です。エゴと自己同一化しないことです。「私」や「私のもの」といった想念(エゴ)を手放してみて下さい。

「本当のあなた」は純粋な意識です。意識が存在するすべてです。
幸せの本質とは、ただ単に在ることです。存在が幸せなのです。
時間が足りないのはあなたの身体であり、あなたではありません。時間と空間はマインドの中にのみあります。本当のあなたを理解して下さい。あなたは束縛されてはいない永遠の存在なのです。

死の始まりは、誕生とともに起こっています。誕生の時には、すでに10か月死んでいる、10か月分年を取っているのです。生まれたものは必ず死にます。生まれた時から死に向かって生きているのです。人生とは生と死で成り立っています。それゆえ、死がなければ誕生もありません。人間は何千年も生まれ続け、死に続けています。生まれたものは身体であり、身体の死は、数千年も起こり続けています。肝心なのは、あなたはその身体ではないということです。身体と本当の自分を同一化させないことです。

死は熟睡のようなものです。熟睡には平和があります。なぜなら、熟睡している時、エゴは存在していないからです。それゆえ、悩んでいるのはエゴであり、あなたではありません。

幸せとは、新しくつくり出したり、何かを加えて得られるものではありません。なぜなら、幸せとは、あなたの内面に存在する純粋な意識だからです。幸せとは、内面に意識を向け、誤った思考をひとつずつ捨て去っていくことで感じることができるものなのです。

ご参考になれば幸いです。

回答した専門家

熊山達也の画像

熊山 達也

上級心理カウンセラー

あなたが抱えている心の重荷(悩み・問題)を軽くします。

はじめまして。カウンセラーの熊山達也です。 一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)認定資格・・・ メンタル心理カウンセラー/上級心理カウンセラー/産業心理カウンセラー/行動心理士/ヨガインストラクター/食育アドバイザー/マクロビオティックセラ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる