ここから本文です

京都の地名について質問です。四条大宮、四条河原町とはいいますが、三条河原町と...

ano********さん

2008/7/1023:41:01

京都の地名について質問です。四条大宮、四条河原町とはいいますが、三条河原町とは言わないですよね?もしかすると言うかもしれませんが。
この順番はどうきまってるのでしょうか?四条烏丸、烏丸御池、、、難しい。

閲覧数:
8,471
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yak********さん

2008/7/1217:27:28

「南北の通りが先、東西の通りが後」
これが京都の交差点呼び名の大原則です。
大路同士の交差点でも、南北が小路東西が大路でも、その逆でもです。
これは平安京が造られたときにメインストリート(朱雀大路)が南北の通りであることに由来するようです。
「朱雀大路のどこか」ということで「南北が先東西が後」です。
その元「朱雀大路」は現在千本通りと呼ばれる位置にありました。

けれども例外というよりも現実的なことから便宜上の新ルールが生まれていきました。
①【歴史的推移】メインストリート的位置づけが千本通りから烏丸や河原町に移るにつれ、東西の大路もその位置づけになっていきました。
これは現在の事実上のメインストリート第1位が四条通りにつながっていきます。
②【暮らす人々の都合】貴族(公家)が都を完全支配していた頃は東西の大路名を藤原氏の別名として呼び合うくらいでしたからやはり南北が優先で東西が位置を表していました。つまり御所からみてどの辺りといてう感覚でしょう。
ところが商人や庶民が力をつけてくるにしたがって小路も重要になってきました。
そこで、2つの新ルールが自然発生してきました。
A 単に位置を表す場合は先の原則通り「南北が先東西が後」。
B 移動することを前提としたり待ち合わせや場所を特定したりする際、特に大路同士・大路と小路との交差で2つの特例が必要になってきました。
(1)「現在進行中の通り名を先に言う」という特例。「四条河原町あたりで出会いたいです」と伝えておけば「四条通を河原町に向かって来るんだな」ということが予想できるので交差点で四条通りの東と西だけを見ていればよいことになります。
(2)「交差点の4つの角のどこか」を明確にするために「入り込んだ通りを先に言う」という特例。「河原町四条西側」といえば「交差点を河原町にやや入り込んだ西側だよ」と言うことになります「西北」と言っておけば「西側で北側」(三条より)ということが伝わります。「四条河原町の南東」といえば「阪急デパートの四条側」ということが伝わります。
大路と小路だったら「本町通り七条上がる(下がる)」で「七条通りを本町通りの北に(南に)入ったところ」となり、「七条本町西入る」だと「七条通を本町から西だよ」ということになります。
どちらも親代々長ら暮らしている人にとっては感覚的に直感できるようになっているようです。
そして、この2つの特例の発展と同時にこれらの仕組みをよく知らない新しい市民達の「共同作業」で「なにがなにやらわからへん」という状況になってきたのでしょう。
昔から郵便の話しで「京都の住所は長くて分かんない」派と「論理的で分かりやすい。迷子になるわけがない」派とが郵便配達であったたらしいです。それで郵便番号が7桁になったのかも。

帝都であったときからついこの前まで「南北が先」が原則でした。
今はメインが東西の大路である四条通りになったので混在しています。
したがって京都の人なら大路同士の交差点を「四条河原町」とも「河原町四条」とも呼びますが、何らかの意図があってのことです。
「河原町三条」といえば「河原町を三条から上がるか下がるかするんだな」
「三条河原町」といえば「三条を河原町から東西どちらかにはいるんだな」です。
「三条京阪」いうと「三条の京阪」。京阪電車に乗っていない印象大。
「京阪三条」というと「京阪の三条駅」。京阪電車に乗って移動することをイメージします。
これもこの特例の一例ですね。
しかしまあ、ややこしいですね。

質問した人からのコメント

2008/7/15 21:19:57

感謝 合理的な意見だとおもいましたのでBAにいたしました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rak********さん

編集あり2008/7/1115:37:27

結論から言えば、順番の決まりは「ありません」
南北だから先、東西だから後、とかはではなく、いいやすさ、響きの良い言い方が定着し、そのまま市の看板やバス停名に
なってるのだとは思いますが。
「三条」を先に言うか「河原町」を先に言うかに決まりはありません。

私の考えとしては、かつての路面電車の駅名や、バス停の名前が市民に定着し、そう呼ばれているという感じだと思います。
「今出川河原町」より「河原町今出川」の方が、言いやすいし、響きがいい、単純にそういうことだと思います。

実際に順番に決まりがないことの表れとして、例えば「七条通」と「大宮通」が交差する場所では、市が設置する信号機横の看板では「大宮七条」ですが、バス停は「七条大宮」となってます。

また「四条大宮」とか「四条河原町」など京都特有の交差点の名前は、実際住所としては存在しません(一部あるところもあります)。
ハガキに「四条河原町上がる」と書けば、確かに届きますが、実際には米屋町、真町、御旅町など、様々に町名があり、
同じ市内、区内に同じ名前の町名がたくさんあるので、通り名を書いた方が、どこの「○○町」かよく分かります。

補足
ちなみに三条通は、太い通りは三条大橋付近で終わってますが、通り自体は嵐山まで続いています。
嵐山付近でも通り名看板は「三条通」となってます。
最近は新しく出来た地下鉄太秦天神川駅前の整備で、共に東西の通りでくっつくはずのない「三条通」と「御池通」が交差して
「三条御池」という交差点ができました。

kar********さん

2008/7/1107:43:50

縦の通りと横の通りをあわせてつけられています。河原町三条、四条烏丸(しじょうからすま)、烏丸御池…など。

muk********さん

編集あり2008/7/1100:18:42

たしかに「三条通り+河原町通り」は
「三条河原町」ではなく
「河原町三条」と言いますね。

単なる言いやすさじゃないですか?
特に決まりはないと思います。

stm********さん

2008/7/1100:04:46

習慣的なものですね。普通は南北の通りの名前が先に来る事が殆どです。

例:河原町今出川、堀川丸太町、千本北大路、西大路四条、東山七条・・・etc、etc。
でも、一番メインストリートの四条通に関しては、そちらが優先される事が多いですね。
例:四条河原町、四条高倉、四条烏丸、四条大宮。でも、西大路まで行くと、西大路四条ですね・・・。
あと、洛中から外れて国道になってくる九条や十条も、そちらが優先されているかも・・・。
九条河原町、九条大宮、十条烏丸、十条大宮。あれ?でも河原町十条、西大路十条ですね・・・。
蛇足ながら、「三条河原町」は言いますよ。バス停は「河原町三条」ですが、街の一角としては、「三条河原町」の方が一般的に通じやすいと思います。

いや~、確かに難しい。ですが、上述の様に原則は南北の通りが先です。例外的なものも交通量が多かったり、メイン道路の方が優先されている気はしますね・・・。
こういう例外的なところと、祇園(東山四条)、百万遍(東山今出川)、高野(東山北大路)、円町(西大路丸太町)など、地名になっている交差点は印象に残るので、実際に住んでいたり頻繁に市内を回っていると、段々感覚が分かってくるんだと思います。学生時代4年下宿した私がそうでした。

aaa********さん

2008/7/1023:59:22

京都人です。三条河原町と言う人もいますよ。私はどっちも言うてます。通り名の言い方は、以前に何かで見聞きした記憶では先に南北の通り名だったような気がします。でも正式名称ではないのでまあどっちでもいいんでしょうが「堀川今出川」とはいうが「今出川堀川」とは言わないし「堀川○○」「河原町○○」「千本○○」やっぱ南北の通り名が先がしっくりくる気がしますね。回答になってなくてすいません

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる