ここから本文です

漢文の二重否定についてです。

アバター

ID非公開さん

2017/7/2911:00:07

漢文の二重否定についてです。

スムーズに訳す良い方法を思いついたので、それは適切かどうか、見てもらいたいです。

『学ばざるべからず』という文章があります。
その中に、否定の因子は『ざる』と『ず』

その二つは、お互いを相殺してなくなる、というイメージを持ちます。それらがなくなると、

『学ばべから』→『学ぶべし』となり、学ぶべきだと訳すことができます。

どうでしょうか? 問題があれば、教えて欲しいです!

閲覧数:
123
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kiy********さん

2017/8/509:06:21

おっしゃる通りです。

ただ、漢文は 禁止を表わす語が先に来ます。

「してはいけない!」「何々することを」

という感じ?
ご質問の対象となっている文章で、書き手が強調したいのは、「何々するな!」という禁止でしょう。

漢文でも肯定文で「学ぶべし」と書くことはできます。
「べからず。」という否定文を使ったところに書き手の意志があるのでしょう。
書き手の意志を汲み取って、二重否定で読むのか妥当かと思われます。

アバター

質問した人からのコメント

2017/8/5 12:02:48

さすが織田信長。

明智光秀に気をつけてください。
あいつ裏切り者ですよ

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる