ここから本文です

電子回路の工作などに使われる「はんだ」は、 どのような金属ですか?

電子回路の工作などに使われる「はんだ」は、
どのような金属ですか?

閲覧数:
37
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/7/2323:32:46

はんだは錫(スズ)を主成分とした合金です。
はんだは大きく分けて2種類あり、
「共晶はんだ」と「鉛フリーはんだ」があります。
一番の違いは鉛を含んでいるかどうかです。共晶はんだは、
別名「鉛はんだ」ともいい、スズ60%、鉛40%で構成されています。
融点は183度と比較的低い温度で溶けます。ただし、鉛を含んでいる
ため、環境に及ぼす影響が高く、プリント基板の廃棄などによる
土壌汚染などの問題があります。現在、共晶はんだを含む製品は
海外へ出荷できない決まりになっています。
「鉛フリーはんだ」は、スズ96.5%、銀3%、銅0.5%で構成されていて、
鉛を含んでいないはんだです。日本では最も多く使用されています。
ただし、融点が217度とやや高く、銀を含んでいるためにコストが
高くつくという短所があります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる