ここから本文です

なぜイギリスで産業革命が起きたのですか?

not********さん

2017/7/2507:58:46

なぜイギリスで産業革命が起きたのですか?

閲覧数:
112
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mek********さん

2017/7/2508:24:09

奴隷貿易で儲けた金を産業革命に投資したからです。また奴隷貿易もだんだん先細りになってきたので新しい儲け口を見つける必要があった。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

usa********さん

2017/7/2514:33:07

イギリスには技術力があって経済力があって製品を大量生産する需要があったから。

とはいえそれらはイギリスだけでなくフランスだってドイツだって無くもない。
やろうと思えば他国でだって産業革命は可能だったはず。
だが出来ない事情があった。
それが「職人組合(ギルド)」の存在。
ヨーロッパでは昔ながらの技術を受け継ぐ職人が自分たちの産業と技術を守るために組合を作っていた。
その組合の影響は非常に大きく、経済産業はもちろん国政にすら口出しするレベル。
組合は新規参入者や技術革新を拒むことで自分たちの仕事と収入を確保してきた。
こうした状況で産業革命をしようとすれば職人組合が黙ってはいない。

そこでイギリスは考えた。
要は組合の存在しない「新規産業」なら技術革新し放題なのだと。
目を付けたのが綿布産業。
イギリスは伝統的に毛織物産業が盛んだが綿花が栽培できないので綿布産業が存在しない。
産業が無いのだから組合も無い。これはチャンス。
綿花は植民地のインドで栽培しているからこれを持ち込めば良い。
そして作られたのが「水力による綿の紡績工場」。
水力で機械を動かすのでちょっと高地の川の側にしか工場が作れないけれど、大量生産に成功。
さらに飛び杼(織物の横糸を張る杼という道具を自動的に左右に動かす)が開発され機織り機械が作られ綿布の大量生産に成功。
これが爆発的ヒットとなりイギリス製綿布はイギリス国内だけでなくヨーロッパ各地に輸出。
この成功により技術革新は金になる、と気付いたイギリスは次々に技術を導入。
さらに蒸気機関の発明により工場の場所を選ばなくて済むようになる。
街中に工場が作られ港から船で輸出することが容易になるとイギリスは「世界の工場」として躍進することになる。

なお中国の場合は「大量生産したかったら人員を大量に確保して作らせれば良い」という考えなので技術革新なんか全然必要としてませんでした。
とにかく人口が桁違いに多いので機械を導入するより人間を導入した方が早いのです。
日本の場合はそれ以前の問題で需要があまり高くありませんでした。
江戸時代の日本は原材料の大量確保が難しいため「大量に製品を作る」という考えが無かったのです。

yam********さん

2017/7/2510:46:36

スペインの無敵艦隊を撃破し、世界の覇権を握っていたから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる