ここから本文です

「教えてくださりありがとうございます。」

アバター

ID非公開さん

2017/7/2519:16:58

「教えてくださりありがとうございます。」

「教えていただきありがとうございます。」
どっちの日本語が正しいですか?

閲覧数:
21,721
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/7/2521:46:25

どちらも正しい。

「くださる」は「くれる」の尊敬語、「いただく」は「もらう」の謙譲語ですが、現在は「いただく」の方が使用頻度が高いようです。

..A.教えてくださり(教えてくださいまして)ありがとうございます。
..B. 教えていただきありがとうございます。
どちらも同じ場面で、同じ目的で使われています。
A,Bに主語を加えて常体(普通体)にすると、
..A.(あなたが)教えてくれて、ありがとう
..B.(私はあなたに)教えてもらって、ありがとう
となります。

Aは、教えてくれた人を直接敬っていて、敬意が強く感じられるのに対し、
Bは、教えてもらう側(私)を低めることで間接的に教えってくれる人を敬っていて、教えられる側の感謝の意が感じられます。

一般的に「ありがとう」の前にくるのは「~してくれる」です。
自宅を訪ねてきた友人に感謝の意を伝えたい場合、「来てもらってありがとう」と言うよりも、「来てくれてありがとう」と言うのが自然な言い方です。

『明鏡国語辞典』
***************
【もらう】
「父が時計を買ってくれた/(私は)父に時計を買ってもらった」では、
与えた人(=父)を主語にとる「くれる」のほうが、与えた人の意志性や親切心がよりはっきりと出る。
***************

すなわち「くれる」は物を渡す側に視点があり「もらう」は物を受け取る側に視点があります。
したがって目上の者(父)から目下の者(私)に物が手渡される場合、渡す側の目上の者(父)に視点をおけばその人物(父)を尊敬する「(父が私に)くださる」が使われ(尊敬語)、受け取る側の目下の者(私)に視点をおけばその人物(私)を低める「(私が父に)いただく」が使われます(謙譲語)。
間接的に敬意をあらわす謙譲語よりも、直接敬意を表す尊敬語のほうが、自然な表現なのです。

ただし、相手の意志ではなく、自分(私)の都合で相手が行動するような場合は「~くださる」は使えません。
「くれる」は相手の意志で行動することですが、相手は別に来たいわけではないが来ざるえないだけで、私(店)の意志で相手が来ることになるから「もらう」がふさわしい。
○返すときは店まで来てもらうことになるよ。(いただく)
×返すときは店まで来てくれることになるよ。(くださる)
○商品返品の際は、ご来店いただくことになります。(もらう)
×商品返品の際は、ご来店くださることになります。(くれる)

また、相手に「自動車を移動する」ように要請・要求する場合は、
○車を移動してくださいますか(移動してくれないか)
×車を移動していただけますか(移動してもらえないか)
「くれる」のは相手で、相手が私に恩恵を施す。
「もらう」のは私で、私が相手から恩恵を被ることを要請する。
ということですが、「もらえないか」というぼかした表現よりも、「くれないか」という私の意志を明確にした表現のほうが自然だと思います。

<蛇足>
最近の研究によれば、
《現代日本人が最も好む敬語がこの「いただく」だ。「くださる」は「くれる」の尊敬語、「いただく」は「もらう」の謙譲語だが、「いただく」の使用頻度のほうがはるかに高い。日本人はそんなに「もらう」のが好きなのか、と言いたくなるほどだ。》
とのこと(野口恵子氏)

なお、必ず反論するBAくれオジンが被せ回答ををするかもしれません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tob********さん

2017/7/2721:43:19

「〜くださり」「〜くださいまして」と「〜いただき」「〜いただきまして」
知恵ノートが使えなくなるので引っ越しました。
詳しくは下記をご参照ください。
【よくある誤用39──定番の質問。「〜くださり」「〜くださいまして」と「〜いただき」】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12282002483.html

以下は一部の抜粋(重言)。
1)本日はご来店くださいましてありがとうございます。
2)本日はご来店いただきましてありがとうございます。

敬語の分類で考えるなら、

くださる←尊敬語
いただく←謙譲語(正確には「謙譲語I」)

になります。
どちらの形が正しいのか。結論を先に書くと、どちらもOKです。
どちらを主体に考えるのか、という違いがあるだけです。

【客が】(店に)ご来店くださいまして
【私が】(客に)ご来店いただきまして

下記も1)と同様の表現と言えるでしょう。
1)’本日はご来店くださり(、)ありがとうございます。
論理的に考えると「くださいまして/くださり」が正しい、という説もありますが、一般にはどちらも認められています。
下記が代表的な考え方です。

①文化庁の「敬語の指針」のP.40に「どちらの言い方も適切に 敬語が用いられているものである」と明記されています。
(URLは略)
==============引用開始
【解説1】「御利用いただく」は謙譲語I,「御利用くださる」は尊敬語である。つまり, 「(自分側が相手側や第三者に)御利用いただく」,「(相手側や第三者が)御利用くだ さる」という基本的な違いがある。しかし,立てるべき対象は,どちらも同じであり, また,恩恵を受けるという認識を表す点も同様であるため,どちらの言い方も適切に 敬語が用いられているものである。
【解説2】謙譲語Iの「御利用いただく」の使い方には,問題があると感じている人たち もいる。その理由としては,「利用する」のは相手側や第三者なのだから,尊敬語で ある「御利用くださる」を使うべきだということなどが挙げられているようである。
しかし,「御利用いただく」は,「私はあなたが利用したことを(私の利益になるこ とだと感じ)有り難く思う」という意味を持った敬語である。「利用する」のは相手 側や第三者,「御利用いただく」のは自分側,という点がやや理解されにくい敬語で あるが,自分側の立場から相手側や第三者の行為を表現した敬語であり,敬語の慣用 的な用法として特に問題があるわけではない。ただ,このような「いただく」の用法 に対しては,その受け止め方に個人差があり,不適切な用法だと感じている人たちも いる。
==============引用終了

②NHKの見解は下記です。
【「教えてくださり」? 「教えていただき」?】
(URLは略)
================引用開始
現状としては、どちらかといえば「教えていただき~」のほうがよく使われており、「教えてくださり~」という言い方は自分ではしないという意見が、やや多くなっています。ですが、両方とも正しい言い方です。
================引用終了

下記も信頼できるサイトです。

●国立国語研究所
(URLは略)
==============引用開始
この例の場合はどちらでもいいが,使い分ける場合もある,というのが回答です。
==============引用終了
使い分けが書いてありますが、当方にはよくわかりません。こう言う考え方もできるのでしょう。

●アルク
(URLは略)
==============引用開始
「くださる」と「いただく」はそれぞれ「くれる」と「もらう」の敬語です。「くれる」と「もらう」はどちらも物の授受を表しますが、視点の違いがあります。すなわち「くれる」は物を渡す側に視点があり「もらう」は物を受け取る側に視点があります。
==============引用終了
使い分けが書いてありますが、当方にはよくわかりません。こう言う考え方もできるのでしょう。


個人的には下記のように考えています。長〜い話なので結論部だけ。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2339.html

================引用開始
「〜してくださりありがとうございます。」⇒○「〜してくれてありがとう。」
「〜していただきありがとうございます。」⇒×「〜してもらってありがとう。」
これは否定できないから、厳密に言えば「くださり(まして)/くださいまして」なんだろう。論理的に考えるとそうなってしまう。
しかし、現実にはどちらも使われているし、どちらも「間違い」とは言えない。困ったことに個人的な語感では「〜していただきまして」のほうが自然。NHKの調査でも、「〜していただきまして」が優勢のようだ。こうなってくるとなんとも言えない。
ちょっとだけ屁理屈をこねる。
「〜してもらってありがとう。」はたしかにヘンだが、下記の形ならおかしくないだろう。
「〜してもらってありがたい」
「〜してもらってありがたかった」
これを丁寧にしたのが「〜してもらってありがとうございました。」と考えるならそんなにおかしくないかも。無理か……。
================引用終了

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

oji********さん

2017/7/2708:25:10

結論から言えば、どちらも正しい日本の敬語です。

簡単にその違いを説明します。
①「教えてくださりありがとうございます。」
②「教えていただきありがとうございます。」

①は「くださり(尊敬語)」により、相手の動作(教えて)を高めた言い方。
②は「いただき(謙譲語)」により、相手の動作(教えて)が自分に恩恵を及ぼす動作であることを感謝する言い方。

つまり、相手の動作に視点を置いた言い方が「くださり(尊敬語)」であり、自分に恩恵が渡ることを視点を置いた言い方が「いただき(謙譲語)」です。

なお、「くださり(尊敬語)」と「いただき(謙譲語)」の使い分けは難しいですが、一般的には、感謝の意を強く表したいときには「いただき」を用い、尊敬語を使って立てる必要がある人(目上、お客)には「くださり」を使う傾向があります。(知恵袋のように相手の素性も分からない《場》では「いただき」の方が相応しいと思います)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2017/7/2519:22:03

どちらも日本語として正しいです^_^

jhy********さん

2017/7/2519:17:26

教えていただきありがとうございます

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる