ここから本文です

ベストアンサー以外の回答

6〜15件/18件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kimugakuさん

2017/7/2708:06:49

「4つの数字を使って四則計算で10を作る」
1111から9999の範囲で、0がつくものは除く。
①すべてのパターンを書き出す。
②同じモノはないか確認する。
1342と1423は、1234と同じ。(小さい順に並べたモノを基本とする)
③四則計算のみで10を作れるかすべてで計算する。
1+2+3+4=10
④別解があるか検証する。
2×3+4×1=10
これらをきちんと整頓して完成!

山男さん

2017/7/2707:24:53

中学生にできる問題ではない。

g_b********さん

2017/7/2706:04:39

しくじり先生中田塾でやってた、「ピタゴラスの生涯」なんて、まるまるパクリでいいんじゃないかな。

biz********さん

2017/7/2621:45:27

進学するにつれて数学の用語・記号の使い方が変わる事例を集めてみてはいかがでしょう。

小学校では「まっすぐな線を直線といいます。」と教科書に書かれていますが、中学校では無限に延びていなければ直線とは言いません。長さに限りがあるのは線分だし、端点が1つだけあって片方向だけ無限に延びるのは半直線です。

記号のΣ(シグマ)は興味深いものがあります。
高校では規則性のある数列の和を示すときに Σ[n=1~2](n^2+4n) のような形で使いますね。
大学レベルの数学になると活用の場はもっと広がります。
規則性のない数列にも使います。例えば40人のクラスで出席番号順に体重を並べた数列について、n番目の人の体重を a_n とすると、全員の体重の合計は Σ[n=1~40]a_n という式で表すことができます。

a_c********さん

2017/7/2619:45:13

中学生が数学の定理などを研究したところで知れているので、数学史をおすすめします。逸話などは調べていて楽しいですし、読む側としても興味深いと思いますよ。

有名どころだとガウス(波瀾万丈の人生)とかラマヌジャン(公式を大量に生成)とか面白いですよ。

nam********さん

2017/7/2619:43:17

ありきたりですが相対性理論でも書いて自分の感想を付け加えれば良いのでは・・・

roi********さん

2017/7/2619:16:22

適当にやればいいと思うw
例えば円周率を1000桁書きました!っていって画用紙を持ってくw

no_********さん

2017/7/2616:42:45

どのようにしたいですか?

ata********さん

2017/7/2616:08:17

がんばって新しい定理を発見する

ゆいさん

2017/7/2615:54:17

まほうじんの法則みたいなのは?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる