ここから本文です

偽装請負について。

アバター

ID非公開さん

2017/7/2619:04:39

偽装請負について。

フリーランサーです。
偽装請負と知っていて契約を結び、客先に常駐しています。
家族の病気の都合で、引き上げさせて欲しいと願い出たのですが、現在残っている契約を履行してから…と、2ヶ月先を提示されました。
とてもじゃないですが、2ヶ月通い続けられない状況です。
しかし円満解決ならそこまでやってもらうしかないと言われ『続けられる自信はない』としつつ、それが最短であれば…と飲みました。
これを覆すことは可能でしょうか?

実質派遣労働者という形なのであれば、派遣労働者と同じように法律の庇護を受けることは可能だったりしませんでしょうか?

閲覧数:
75
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pas********さん

2017/7/2700:17:41

>フリーランサーです。

では、「派遣」ではないのでは?
だって、派遣と言うのは、派遣会社に雇われ、そこから企業に「派遣」される働き方ですよ。どこかに雇われ、そこの社員として請負業務をやっている体で、指揮・命令されているわけではないですよね?フリーの個人として偽装した請負契約で指図されて仕事をしているんですよね?
どんな契約書面を交わしているのかわかりませんが、いずれにしても「協議」をする余地はありますから、必死に頼んで理解してもらうことです。
また、偽装したままの請負でさらに別の人に発注してやらせる(その際、違法行為に他人を巻き込んではいけませんから、この機会に完全な請負で…)か、請負では当然想定されている「損害賠償」をして解除するという方法もあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/7/27 01:01:11

ありがとうございます。
鈍感ですいません。
IT業界では常態化していること…という認識で契約を結んでいました。
業界の常識は一般の常識ではないですよね。
いい勉強になりました。
相手にとって自分の代わりは沢山いるように、自分にとっても取引先の代わりはいくらでもいます。
IT業界にこだわる必要もありませんので、軽く覚悟を作って交渉してみようと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

ten********さん

2017/7/2621:45:44

〉実質派遣労働者という形なのであれば、派遣労働者と同じように法律の庇護を受けることは可能だったりしませんでしょうか?

派遣労働者も、契約期間の途中解約は出来ません。
派遣労働者も、契約期間を全うしなければ期間満了(円満解決)になりません。

どの雇用形態であれ、契約の効力は強いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる