離婚後の親権についてです。 旦那との離婚を考えています。 理由は主にモラハラ、言い合いになると子どもの前でも物に当たったりします。 ついこの間も酷く喧嘩になり、いろいろ投げられた

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(4件)

0

<裁判でどうなる可能性が高いのか、解る方居たらお願い致します。> ①子供が3歳児までですと特別な事由が無い限り 養育権は母親に行きます。 ここでの特別な事由ですが、 ①母親が客観的な理由で養育出来ないことが想定される 例えば病気だとか 子供に対する虐待・収監されているなどです ②子供の養育に際して ここ日本の法律の解釈では親族が協力してくれる とか金銭的に有利などの理由で養育権が決定されることは一切ありません。 ①何故かというと、例えば金銭的な問題に対しても、国の法律で生活保護とか母子寮 母子手当などの公的生活保護がありますので、国が定めている法律がるので、収入を理由として養育権の否定することになりますから) ③例えば相手が 超敏腕弁護士を雇っていても、上記2つの法律的根拠は覆すことは出来ません、 敏腕弁護士であればあるほど法律には詳しいので 相手が更に養育権を主張されるとそれだけ不利になることを解っています。 ④7歳のお子様については、限りなく妻側に養育権が行きます、 ですが、必ずという訳ではありません、 ①その際、それでも裕福な生活だとか 親族のバックアップなどということが養育権判断の対象とはなりません。 ②もしも子供が父親と暮らしたいと意見陳実を行った場合には、裁判官は、総合的に判断することになります。 ③この場合にでも、当然に養育費は夫側も負担することが法律で決まっています (請求した場合ですが) ですから収入的な問題を理由として養育権を夫側が主張できるものではありません。 ⑤7歳の子供に対しては、もう一つ既成事実というものも大切な判断基準となります 普段どっちが主に子供を養育していたか? です。 まとめ つまりは 予め離婚して子供と暮らすことを計画しているのなら、最初から 子供が懐く様に(若しくは父親を嫌うように)普段から教育することも大切です。

1

離婚は 子ども小さいほうが 何かと 母親に有利ですよ 子どもが成長すればするほど 子どもの意向も重視されますので あぶなくなります 一歳の子の親権は100パーセント母親いきます、旦那勝ち目ないですね きょうだいは離さないのが原則ですので、上の子も大丈夫 収入や サポート体制と親権は関係ないですが、あるに越したことない あなたも全力で収入を得る努力をすること 実家にもサポートを依頼すること なので もし 離婚の意思が堅いのならば、早くしたほうがいいです 父親が 育児体制整えるまえに!

1人がナイス!しています

0

離婚したときに親権は母親が取る場合が多いのですが、 父親の方が子育てに対して積極的で子育ての体勢もできており金銭的にも有利な場合父親に行く場合もあるようです。 まずは離婚調停と言うことになると思いますが、その前に、市や区に無料法律相談があるので一度相談しにいってみてはどうでしょう。 いろんな話を聞くと、やはり女性の場合親権を手放すと一生後悔することになる場合が多いです。 頑張って下さい。

1

本気で離婚したいなら早い方が良いです。 9歳を過ぎると、お母さんが親権を取りやすいのは終了し、親権を取られる可能性が発生します。 9歳未満でしたら、主様が不倫してても、扶養範囲内のパートくらいしか稼いでなくても、ほぼ間違いなく質問者様になります。 また、子供の前でモラハラですが、立派な虐待です。 次に警察来たら、お子さんはお母さんからも引き離されてしまう可能性が高いですよ。 2回目は本当に児相は厳しいです。 という私も、DV離婚経験者です。 警察介入は年4~5回ありました。 そして、私も帰る実家もありませんでした。 それでも、私は当時9歳を筆頭に4人の子供の親権を取りました。 弁護士なんて居なくても全く問題ないです。 100%離婚する意志が固まったら、早目に行動されてください。

1人がナイス!しています