ここから本文です

関節は消耗品といいますから、ジョギングは将来関節を痛めてしまう年齢を早めるの...

suu********さん

2017/7/3119:59:24

関節は消耗品といいますから、ジョギングは将来関節を痛めてしまう年齢を早めるのでしょうか?

閲覧数:
566
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jps********さん

2017/8/214:25:34

人間を車に置き換えて考えて見ましょう。
例えば車のエンジンは人間の心臓、タイヤは足、関節特に半月板は
サスペンションの役割をしています。
どんなに性能の高い車でもエンジンには耐用年数に限りがあり、
走行距離にも限界があります。
同じ車種の車でも年間走行距離が600kmしか走らない車に対して
年間走行距離が1万km走る車では明らかに後者の車の方が車の心臓部
であるエンジンと足回りのタイヤ・サスペンションなどが金属疲労及び
消耗が激しく、耐用年数も短くなり廃車になってしまいます。
逆に幾ら新車と言えども普段全くエンジンを掛け定期的に馴らし運転
させないと、バッテリーも上がりしかも車のメンテナンスを怠ると
見えない部分が錆びついたりエンジンの調子が悪くなる可能性が
高くなります。
従って適度にエンジンを掛け車を動かし定期メンテナンスをする事に
より中古になってもある程度の性能を維持できるのです。
関節も同様で若い頃からフル回転して使い過ぎるとやはり、膝関節軟骨
の消耗(変形)を早める事になります。
だからこそ、直接的に関節に負荷が掛からない様にするために下半身の
筋肉を強化して負担を軽減する必要があるのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sin********さん

2017/8/115:07:23

そう言うならば・・・人間すべてが消耗品ですよね
関節も骨も筋肉も・・・鍛えれば鍛えるほど柔軟で強力になります
進化します・老化速度も緩やかに
使わねば退化・老化します
歴然に表れる年齢が50前後の更年期です

いきなりジョグではこたえますから・・・
徐々に鍛えていくことです

プロフィール画像

カテゴリマスター

mas********さん

2017/8/113:30:07

やり方次第。負担をかけるような走りは関節を痛める。適度な走りは骨を育て筋肉を強め、関節を鍛え上げます。

ちなみにフルマラソン完走の最高齢は91歳。適度なジョギングは歳をとっても42.195kmを制限時間内に走れるように鍛えます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる