ここから本文です

いつもありがとうございます。江戸時代の書状の先頭一部分(追而書)を読み下してお...

kou********さん

2017/8/107:41:41

いつもありがとうございます。江戸時代の書状の先頭一部分(追而書)を読み下しております。

このように読みました。
○はわからない箇所でございます。

申入たりん ふ寝
少し○○狂句可
(本行除く)
一首綴らル
(本行除く)

何卒よろしくご指導賜り、現代語的にはどのように解すればよいかご指導をお願い申し上げます。





2017/8/1
Kounichi777拝

本行,追而書,Kounichi,ご指導,申し入れ,為学,由可

閲覧数:
45
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

浅学 学さん

2017/8/209:47:00

>書状の先頭一部分からでは
草書の文書は読めないです
手紙などでは双方のみ理解の文章立てあり

ふ寝
少し○○狂句可
(本行除く)
一首綴らル
此の部分

****不審之
至に就其狂歌
只今帰宅之由可
一首綴之
為学*之戎

ではと思った次第!

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる