ここから本文です

テンションノートの #11 を、b5 と書かない理由は何でしょうか? On A Clear Da...

neko03122さん

2017/8/119:54:45

テンションノートの #11 を、b5 と書かない理由は何でしょうか?

On A Clear Day (Key=G) の 3~4小節目は、C7#11 ですが、C7b5 と書かない理由は、完全5度も含まれているからでしょうか?

この時のスケールは、「リディアンb7」で、アボイド的な(?)音は、F (Cから数えて4度) でしょうか?

リディアン,On A Clear Day,リディアンb7,スケール,G Ion,ブルーノート,C7b5

閲覧数:
371
回答数:
10
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/8/602:50:07

>テンションノートの #11 を、b5 と書かない理由は何でしょうか?

♭5と書くとテンションノートではなく、コードトーンになるし、
♯11はオクターブ内では♯4になる(♭5にはならない)から。


>On A Clear Day (Key=G) の 3~4小節目は、C7#11 ですが、C7b5 と書かない理 由は、完全5度も含まれているからでしょうか?

それもありますが、そもそも♯11に当たる音は、メロディにあるファ♯(増4度)であって、完全5度(ソ)が減5度(ソ♭)に変化したものではないから。
ここのC7は、Gメジャー調のダイアトニックコードであるCM7(ⅣM7)の第7音(M7)を半音下げた形(Ⅳ7)になります。
ファ♯もGメジャースケールに含まれる音(第7音)で、メロディにも使われているので、ここで♯11のテンションが使えるのは当たり前です。
なので、本来はここに♯11を付記しておく必要はないのです。また、付記されていない楽譜もあります。
ここで♯11が付記された理由は、音符が読めずリードシートをコード譜として使う人が、ブルースのⅣ7(4度は基本的に完全4度になる)と混同することのないよう、念の為であった可能性を考えられます。


>この時のスケールは、「リディアンb7」で、アボイド的な(?)音は、F (Cから数えて4度) でしょうか?

リディアン♭7で良いですが、リディアン♭7は「1,2,3,♯4,5,6,♭7」であり、第4音が増4度で第3音と短2度音程を形成されないので、アボイドノートはありません。(Cリディアン♭7は「C,D,E,F♯,G,A,B♭」です。)

ここでⅣ7について、少々触れておきます。
Ⅳ7は、ブルース7th(ⅣM7のM7がブルーノートに変化したもの)以外にもいくつかあります。
・二次ドミナントⅦ7(Ⅴ7ofⅢm)の裏コード
・Mm(メロディックマイナー)のⅣ7
・ドリアンモードのⅣ7
というようにです。

で、この曲のように♯11=♯4が使われる場合、ブルースやドリアンのⅣ7は除外されます。
(ブルースの IV 度がドミナント7th になるのと同じだからここはブルースだ、じゃ短絡的だと思います。)
C7の次は再度GM7(ⅠM7)なので、二次裏も除外されますが、次がGM7でなくBm7というアレンジもあるので、その場合は二次裏として矛盾しません。
MmのⅣ7は、ここの2小節が実は同主調のGマイナー調に部分転調しているという解釈になります。
一方、「GM7→C7♯11」は、属調(Ⅴ調)であるDメジャーの
「ⅣM7→♭Ⅶ7♯11」(S-代理SM進行)と同じ動きになります。
なので、CM7の代わりにC7♯11は違和感なく使えるのだと思います。
なお、ここのⅣ7が二次裏としてもMMとしても属調SMの♭Ⅶ7としても、スケールは同じリディアン♭7になります。
もっとも、「ⅣM7がリディアンだから Ⅳ7はリディアン♭7」という認識で十分だと思いますが。

ちなみに、コード・スケールの考え方で音楽的なフレーズになるかどうかは、使い方や前後関係によると思います。
ソロをとる際、「G ion.→ C lyd.♭7 → G Ion.」と考えていてはスケール練習的なフレーズになりそうですが、軸音を統一した
「G Ion.→ G Mm → G Ion」と捉えれば合理的です。
G Ion.は「G,A,B,C,D,E,F♯,G」で、
G Mmは「G,A,B♭,C,D,E,F♯,G」ですから、1音違いなだけです。

コード・スケールの理論に意味がないことはないです。
コード・ スケールでアドリブを勉強して、家で作って来たようなフレーズになるか否かは、やり方次第でしょう。
また、コード・スケールで「一律」に判断しなければ良いのです。
できるだけ一発でやり通すにしても、アウトしていくにしても、
コード・スケールが分かっていて損はしないはずですよ。


それから、アボイドノートのことは理解しておきましょう。
アボイドノートはコードに対する考え方ですけど、メロディでもロングトーンで使う場合、Ⅴ7の♭9や♭13以外では、コードトーンと短2度上に位置する音は基本避けた方が良いです。
(例:長調のダイアトニックでは、ⅠM7やⅤ7での完全4度や、Ⅲm7やⅦΦ7の短2度とか。)
敢えて使うなら別ですけど、気を付けて使った方が良いです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/8/601:53:53

諸氏の言われる通りですが。

C7のテンション13thを6と言わないのと同じです。

リディアン7thのスケールには、4の音は含まれませんので、アボイド云々ではないですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

boby_devosyさん

2017/8/321:55:34

>テンションノートの #11 を、b5 と書かない理由


b5 はテンションではありませんよ。
C7b5 としたら構成音は「C、E、Gb、Bb」となります。

2017/8/318:18:15

デューク・エリントンの「私の音楽に対する勉強は、GフラットとFシャープの違いを学んだことからはじまった」という言葉に通じると思います。

いろんな人からの説明が付いているのでそれは省いて、重要なのはこれらは全て解釈の一つに過ぎず、逆に同じ音でもこれだけ多様な解釈が可能であり、
作曲者や編曲者も自分自身の解釈を反映させた結果、Fシャープという音を指定しているということです。

hidemeta_lllさん

2017/8/316:16:58

♭5と#11は意味が違うから。

2017/8/312:45:50

まず、ジャズでも b5 と表記する実例はあるよ。
必ずしも #11 と表記するとは限らない。

#11 か b5 か、
それを判断するには
”元の音は何だったのか”
を考えればいい。

このコードの #11 というテンションは
メロディの F# という音を反映させるためのもの。
つまり、元々 F# だったのであり、Gb ではなかった。
それで、b5th でなく #4th (#11th) と表記する。

質問の前半については以上。


この2小節に対応するスケールについては話がちょっと長くなる。

よく考えると、IV 度の和音は Cmaj7 のはずじゃないか?
サブドミナントマイナーなら Cm7 になるはず。
なぜ C7 になっているんだろう?

学習段階ではそういう見方が必要。

そこから先はサウンドから判断していく。
ここを聴くとブルーノートを強調しているのはすぐわかるはず。
それで、
”この部分はブルースの IV 度がドミナント7th になるのと同じだ”
と気づく。
ブルーノートを反映させるために maj7 でなく dom.7th にしている。

そういう考え方に慣れていくと
7th コードを見て ”あっ、ここはブルース” とすぐわかるようになる。

ただし、そういう場合のブルーノートの使い方は
プレイヤーにかなりの自由がある。
たとえばキー G のブルースで、IV 度が C7 になっていても、
人や場合によっては Bb の音でなく B を鳴らしたり
その2つが混在するフレーズを鳴らしたりする。

この C7#11 の部分も同じ考え方でいい。

”××スケールが使える” と考えるよりも
”G メジャーで、3度・5度・7度を随時フラットさせる”
と考えた方がうまくいく。
コード - スケールの考え方では音楽的なフレーズにならない。

次に、#11 をどう考えるか。

テンションといっても意味は様々で、
絶対にソロに反映させる必要があるとは限らない。

この C7#11 の #11 はメロディの F# を表している。
”一応その音に敬意を払ってね” といった程度の意味しかない。

メロディーの F# がロングトーンで鳴っている場合は
ブルーノートの F ナチュラルを同時に鳴らすには注意が必要。
逆に、自分自身がソロパートを鳴らす場合は
#11 というテンション表記を無視してもかまわないことになる。

この点についても、コード - スケールで一律に判断すると
無意味な制約ばかり増えてしまう。


そもそも、実際に演奏しているときは
”まずGアイオニアン、次にCリディアンb7・・・”
などとは考えていない。
ステージでいちいち考えていたらまともな演奏にならない。
だからコード - スケール理論は意味がない。

コード - スケール理論でアドリブを勉強すると
家で作ったフレーズを覚えてステージで弾く
というやり方しかできない。

もっと意味のある勉強法に切り換えた方がいいと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。