ここから本文です

APFSDS弾とHEAT弾について質問です。

nas********さん

2017/8/312:22:12

APFSDS弾とHEAT弾について質問です。

単純に弾が貫通した際に被害が大きいのはどちらですか?
調べたんですが、専門用語多過ぎてピンと来ないんです(´・ω・)

閲覧数:
149
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gyo********さん

2017/8/512:19:45

APFSDSが貫通すると弾芯の残骸や装甲の破片が高速で内部に飛散して人員機材を傷付けます。着弾時に運動エネルギーが熱に変換されるため破片は高温で、弾薬庫内の発射薬(砲弾の爆薬に比べて火が付きやすい)や燃料タンクなどに当たると引火することも多いです。相手の装甲があまり薄っぺらいと、弾芯はバラバラにならないし装甲の破片も少なくなるのでかえって被害が小さくなることもあり得ます。
一方HEATが貫通すると装甲の破片が飛ぶのは同じですが、弾芯は無いのでメタルジェットの残りや爆風の一部が内部に吹き込みます。このときにポイントになるのがHEATの威力と装甲防御力のバランスで、貫通力に余裕が無いと穴が開いても内部へのダメージはあまり与えられません。穴を開けるためにエネルギーを使い切ってしまうからです。貫通力に大きな余裕があればAPFSDS以上に被害を与えられます。
HEATといっても携行対戦車兵器用の小さなものから空対地ミサイルの大型の弾頭まで色々ですし、受け止める側も軽装甲車両から重防御の戦車まで色々ですから組み合わせによって被害状況は変わってきます。APFSDSも25ミリの機関砲弾から120ミリ級の戦車砲弾まで幅広く存在します。単純に比べられないわけですね。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる