ここから本文です

オプション(粉)とトレースについて教えてください。 タネは20分かき混ぜる...

tamanlotusさん

2017/8/412:28:10

オプション(粉)とトレースについて教えてください。

タネは20分かき混ぜると石鹸教室に参加した際に教えてもらいました。

ヒマシがたくさん入っているレシピです。

教室ではちょうど20分ほどでトレースが出たのですが、
自宅では、バターを加え何度か作った際に(バターについては、別途質問させていただきました)、10~15分ほどでトレースが出ることがあります。

タネの温度ですが、バターの融点より高い温度で混ぜているので温度は平気だと思いますが、このような場合、20分混ぜないでも大丈夫なのでしょうか。



そしてその後、模様をつけることを覚え、ヒマシ+バターのレシピにハーブの粉を加え作ってみました。
ハーブの粉(エキス)にアルコールが残ってるのだと思いますが、
ハーブと石鹸タネを混ぜると、タネが冷蔵庫に入れたお味噌のように固まってしまい
ボッタリとし、すぅ~っと方に流し込むことができません。。

そのため、20分前ですが、ゆるやかなトレースが出た時点で
粉に種を混ぜ合わせてみましたが、やはりお味噌のようになってしまいます。

ゆるやかなトレースでも駄目だったので、この際、トレースが出る前(混ぜ始めてから10分後くらい)にタネとハーブと混ぜてみようと思いますが、トレースが出る前にハーブと合わせても、アルコールによって鹸化が進む!?
ようなので、問題ないでしょうか?

そもそも、ヒマシ+バターを使用した場合、20分前にトレースが出てしまうのは普通のことなのでしょうか?だとすると、大げさに言うと、アルコールを加えればタネを混ぜる必要がないということなのでしょうか。。

心配なまま8バッチくらい作ってしまったのですが。。。

アドバイスを頂けますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

閲覧数:
26
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

pukapukatakaさん

編集あり2017/8/610:33:20

オイルの脂肪酸組成によってもトレースが出るまでの時間は全然違いますし、
オプション(不純物)を入れることによって、鹸化反応が早まることも当然あります。
特にエタノールなどでハーブエキスを抽出したハーブチンキのようなアルコールが含まれるものは、
入れすぎると一瞬でタネが固まって混ぜにくく型入れも難しくなります。
オイル重量の2%程度のアルコールでかなりのトレース促進効果があります。
逆にオリーブオイルのみで石鹸づくりしようとすると、数時間かけて撹拌しないとトレースが出ないです。
オレイン酸などの不飽和脂肪酸は鹸化反応が遅く、パーム油やバターなどの飽和脂肪酸は比較的早いです。

教室で20分と言っていたのは、そのレシピでの場合に限った話です。
型入れするタイミングは、時間ではなくあくまでタネの状態を見てトレース状態で判断しなくてはいけません。
万が一、トレース不足で型入れして、タネが分離してしまうと大変危険で、最新の注意を払って慎重に廃棄する必要があります。

また、アルコールですぐに固まったからといって、よく撹拌しないで型入れするのも危険です。
きちんとオイルと苛性ソーダが均一になっていないと型入れ後に分離します。
アルコール入れすぎてはいけないということです。

オイルの融点が高いことと、温度が下がることですぐにタネが固まることを「擬似トレース」と呼びます。
オイルと苛性ソーダの鹸化反応が十分進んだことによるものではなく、温度が下がったためにオイルが固まってしまっただけなので擬似トレースと呼びます。
融点高めのオイルが多い場合は撹拌中も保温しながら行うと間違えにくいです。

  • pukapukatakaさん

    2017/8/618:12:13

    アルコールで抽出したハーブエキスの場合、オイル重量の2.5%程度までにして、トレース後ではなく最初からオイルに混ぜておくといいです。苛性ソーダと混ぜるとかなり早くトレースが出るので、手早く均一に混ぜます。

    または、あらかじめオイルに混ぜて温度70度前後の湯せんに数時間かけてアルコールを飛ばす手間をかけるなどのやり方もあります。
    それならもっと多くのハーブエキスをオイルに混ぜることができます。

    ちなみに、オイルにハーブを数週間漬け込み濾したもの(インフューズドオイル)を石鹸作りに使うやり方もあります。
    ハーブの油溶性の成分だけがオイルに溶け込みます。

    ※アルコール抽出したものは水溶性と油溶性両方の成分を含みます。

    または、ハーブをミルなどで細かい粉末にしてそのまま混ぜ込んで石鹸にすると、ハーブを丸ごと石鹸にできます。

    ただ、どの作り方でもオプション成分の大半は熟成中に強アルカリで分解されてしまうものです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。