ここから本文です

以前、SUS310Sの鋼板の溶接に対する質問を致しましたが、下記の写真の通りメールが...

auc********さん

2017/8/412:57:53

以前、SUS310Sの鋼板の溶接に対する質問を致しましたが、下記の写真の通りメールがありました。

SUS310Sが、熱による硬化があり、308の棒を使用する方が良い根拠が見当たらないのですが如何でしょうか?
論破出来る根拠があればご教授頂きたくお願い申し上げます。

SUS310S,鋼板,母材,溶接,硬化,溶材メーカー,良い根拠

閲覧数:
343
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oji********さん

2017/8/418:16:08

前に回答した者です。
多分、御質問者のお考えと一致すると思います。

・まず、SUS310Sはオーステナイト系ステンレスですから、マルテンサイト変態は起こらず、硬くなることはありません。

・仮に硬くなるとしても、母材熱影響部の話ですので、使用する溶接棒の種類は、関係しません。

・ネットで神戸製鋼の溶接カタログを見ても、308と310系被覆アーク溶接棒溶着金属の強度(引張強さ:TS)は、同レベルです。
なお、この強度は規格の条件に従って溶接し、試験したときの値です。
NC-38(JIS Z 3221 ES308-16) TS:582 MPa
NC-30(JIS Z 3221 ES310-16) TS:600 MPa

http://www.kobelco.co.jp/welding/catalog/pageview/pageview.html#pag...

・以上まとめると、310系溶接棒を使用しても、母材、溶接金属は308系と比較して硬くなることはありません。


メールの内容が、拡大しても、一部読み取れない箇所があります。というか、半分意味不明です。
……プラズマ等で母材を切断してるので割れれ見れる状況です。(見えたとおりに記載しています)
割れた母材を溶接しようとしているような印象もします。
その下の文章も、意味不明です。

このメールの主は、ステンレス鋼、そして、その溶接について、誤った知識を持っているようです。素人であれば、素直に耳を傾けると思うのですが……

商売上の問題もあるでしょうから、やんわり申し入れするしかないのでしょうか。
一つの手として、溶接材料メーカーのカスタマサポートセンター的部署に見解を求める手があります。御質問者のおしゃりたいことを、溶材メーカーがこう言っているという具合に申し入れるやり方です。
溶材メーカーが言っているといえば、効果が期待できます。

質問した人からのコメント

2017/8/11 05:21:28

いつも適切な解答ありがとうございます。
また、よろしくお願い致しますm(__)m

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hid********さん

2017/8/416:31:04

SUS310Sが25Cr,20Niで、SUS308Sが19Cr,10Ni
溶接部の耐食性がSUS310Sより低下しますけど良いのですね?

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる