ここから本文です

「さかのぼる」を変換すると「遡る」しか出てきませんが「逆上る」「逆昇る」と使...

nanmiku_nanmikuさん

2008/7/1409:11:13

「さかのぼる」を変換すると「遡る」しか出てきませんが「逆上る」「逆昇る」と使うのは間違いですか?

閲覧数:
9,622
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fontomanieさん

編集あり2008/7/1411:35:47

語源を分析してもとの言葉を漢字にするか、出来上がった言葉の意味によって漢字を当てるかの違いです。
こころみる=こころ+みる 「心見る」/「試みる」
こころざす=こころ+さす 「心指す」/「志す」
かたむく=かた+むく 「片向く」/「傾く」
うなずく=うな+つく 「項突く」/「頷く」
つまずく=つま+つく 「爪突く」/「躓く」
ひもとく=ひも+とく 「紐解く」/「繙く」
いろどる=いろ+とる 「色取る」/「彩る」
ちりばめる=ちり+はめる 「散り嵌める」/「鏤める」

「片寄る」:当用漢字「偏」には「ヘン」という音しか認められなかった。
「型取る」:当用漢字「象」には「ショウ」「ゾウ」という音しか認められなかった。

質問した人からのコメント

2008/7/14 13:40:52

スゲー!
みなさんありがとう

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2008/7/1411:10:33

「遡る」と書くのが約束になっているだけで、ことばの成り立ちを考えれば「逆上る」や「逆登る」が間違いとはいえません。
これは、大和のことばを、外国の文字で表記していることが原因の混乱ですから、どうしても避けられないことです。
絆(きずな)ということばは、気持ちの綱の意味ですから、「気綱」と書いても間違いではありませんが、伝わりにくくなります。
「逆上る」も伝わりづらい表記なので、「遡る」とするかカナで「さかのぼる」と書くしかありません。

bwds98さん

2008/7/1409:44:52

”溯る”もあります。

「逆上る」「逆昇る」・・・は、当て字とかで、ルビをいれたら良いでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。