ここから本文です

関西方言の「まったり」は「あっさり」の反対語ですか。味に深みがあるという意味...

アバター

ID非公開さん

2017/8/519:20:49

関西方言の「まったり」は「あっさり」の反対語ですか。味に深みがあるという意味ですか。

閲覧数:
216
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2017/8/519:47:13

もともとは「まったき」(全き)と同源の言葉で「完全な」という意味です。

濃すぎず薄すぎず完全な調和。

語感、音の響きから濃い味、深みのある味のように関東で誤解され、

さらに「のんびりした」というように転じました。

この誤用はNHKの「おじゃる丸」からだと考えます。

アバター

質問した人からのコメント

2017/8/8 23:04:27

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kan********さん

2017/8/523:55:36

味の濃い薄いを言う場合、「濃い」というと、塩や醤油の調味料の強いものを言うことが多いです。その物差しで言うと、うどんに代表されるように、関西の料理は薄味だということになります。
しかし、それは単に水くさいわけじゃなく、鰹節や昆布を贅沢に使って、濃い出汁を取るから、調味料は少なくても美味しくいただけるわけです。
この旨味の濃い様子を「まったり」と表現します。

京都には日本人向けにアレンジされた京都風の中華料理が発達しましたが、こういうものを食すると「まったり」を感じます。あまり刺激の強い調味料や薬味を使わず、鶏ガラスープの旨味を活かしたような料理が多いです。

京都では鷹揚で落ち着いた人柄を指しても「まったり」と言います。
「まったりしたええ人どっせ」などと言います。
「のんびりした人」ではありません。それでは動作が鈍い人みたいです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2017/8/519:39:38

もともとは「あっさり」の逆の意の「味に深みのある」という意味だったのが全国に広まり「ゆったりしているさま」、「のんびりしているさま」を意味するようになったようです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる