ここから本文です

カゼインプラスチックの原理を簡単に

dor********さん

2017/8/901:37:47

カゼインプラスチックの原理を簡単に

説明してくれませんか
お願いします

閲覧数:
2,786
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lov********さん

2017/8/1601:05:40

牛乳の中では、カゼインというたんぱく質が自分自身が持つマイナスの電荷どおしにより反発しながら、コロイド粒子(電荷を帯びた、分子よりはやや大きい粒子)になって浮かんでいます。

牛乳に、酢などの酸を加えると、水素イオンH+が持つプラス電荷の働きにより、たんぱく質分子のマイナス電荷が打ち消されるので、たんぱく質分子どおしは、お互いに引き寄せあって沈殿します(等電点沈殿と言います)。

この沈殿したたんぱく質分子の集合体を乾燥させると、水和している水分子が抜けることで、固く結合し、大きな分子になります(重合)。 これに圧力を加えて押し固めることで、プラスチック状になります。


(参考)
http://www.che.ichinoseki.ac.jp/sosei/hei27/hei27-01.html
http://blog.livedoor.jp/nekomeika/archives/2156824.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる