ここから本文です

当方、この土地に15年程住んでいる者です。2年程前に隣地の古いアパートが壊され、...

アバター

ID非公開さん

2017/8/1921:11:27

当方、この土地に15年程住んでいる者です。2年程前に隣地の古いアパートが壊され、新しい家が狭い土地に三軒も建ちました。なので、うちの庭ギリギリのところに家が建つことになってしまいまし

た。うちの方が少し高い所にあり、擁壁に水抜き穴が空いていて、そこから水が流れるようになっていますが、隣家の方が「お宅の水が滝のように流れていて壁にもかかっている。お宅のせいでうちの壁に穴でもあいたらどうするのか」と文句を言いに来ました。アパートが建っていた時はそんな問題はなかったのですが、今、とても困惑しています。今後どのように対処していけばよろしいでしょうか?ご教示ください。

閲覧数:
145
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gor********さん

2017/8/2000:33:43

擁壁の排水は合法な物です。法律では下流の土地の所有者は上流の擁壁の排水は容認しなければなりません。もし、それを容認しなければ、上流の敷地の水が下流へ流れないような関を作る事となり、自然の摂理に反する事となるからです。

皆の土地は必ず河川や海に繋がっていて、水はその河川や海に流れる様にしないと、上流の水は行き場を無くし、擁壁の崩落などの災害にもつながってしまいます。

今回の問題は隣地が工事を行った際に、排水経路を確保しなかった事だと想像します。建築に際し、擁壁からの排水を水路などに導く側溝を作っていない様に思いますがいかがですか?

家と家の間が広い場合、あまり気にならなかった排水が、接近した事により土壌にしみ込んだり蒸発したりする事が難しくなり、存在がめだってしまったのだと思います。

対策としては河川や側溝まで排水を導引するため、側溝などの排水経路を確保することなのですが、その工事は家を建てる際に建築主あるいは造成工事を行った方がそれを怠ったものだと想像します。

一般にその工事は下流の者の責任と費用で行うのが普通です。その人もさらに下流の人に同じ要求が出来るというわけです。

普通の場合であれば、あなたは費用負担の必要はありません。それは合法な事です。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/8/2001:03:49

    わかりやすい回答を本当にありがとうございます。隣家の方の勢いに大変落ち込んでいましたので、救われたような思いです。
    今度、隣家の人が来たら、落ち着いて話をしてみたいと思います。
    大切な時間を割いていただき、感謝いたします。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/8/22 00:22:22

教えていただいた事を参考に、穏便に冷静に対処していきたいと思います。今回は本当に力になっていただきありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

tan********さん

2017/8/1922:49:08

民法第214条
土地の所有者は、隣地から水が自然に流れて来るのを妨げてはならない。

ということで、雨水が自然に流れていくのは、まあいいんですけど、

民法第218条
土地の所有者は、直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根その他の工作物を設けてはならない。

擁壁を設けて、その水抜き穴から雨水を流すというのは工作物にあたるでしょうね

なので是正するしかないかと
ただ、擁壁の水抜き穴から滝のように水が出ますかねえ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる