ここから本文です

こんにちは。 分子生物学について質問です。 基本的に、真核生物のmRNAはモ...

gfs********さん

2017/8/2013:21:54

こんにちは。
分子生物学について質問です。


基本的に、真核生物のmRNAはモノシストロニック、原核生物はポリシストロニックですよね。
その場合、〔平均的な〕成熟mRNAの長さを比べた場

合は、原核生物の方が真核生物のmRNAより圧倒的に長いのでしょうか??


また、ポリシストロニックmRNAについて、
1つのmRNAに翻訳領域が5つあるとしたら、これらのタンパク質が翻訳される頻度はそれぞれ等しいのでしょうか??
ポリシストロニックmRNAの中でも、翻訳されやすいタンパク質、されにくいタンパク質などあるのでしょうか?



どちらの質問へのご回答でも構いません。
宜しければ、ご教授お願い致します。

閲覧数:
388
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

iwa********さん

2017/8/2317:24:26

原核生物はポリシストロニックといっても、全てではありません。頻度はわかりませんが、複数の翻訳領域があることもあるということです。なのでせいぜい平均で2倍程度ではないでしょうか。

mRNAの寿命は極めて短く、長いRNAが最後まで転写されない場合もしばしばあります。そのため一般的には後ろに行くほど翻訳量は少なくなります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる