ここから本文です

SDカードとUSBメモリを使用する際 書き込み、読み込み、保存期間、使用回数、記録...

fil********さん

2017/8/2512:47:13

SDカードとUSBメモリを使用する際
書き込み、読み込み、保存期間、使用回数、記録する内容などにより、それぞれメリット、デメリットなど何か性能差(特徴?)がありますか?

例えば(あくまで

例として。こういう差はないのかな?と)
USBは書き込み読み込み時間が早いが、書き込み限界回数がSDにくらべ低い。
SDは画像の保存は得意だが、プログラムデータの保存は苦手でエラーが出やすい
など。

記録容量やスピード、もちろん価格も考慮してですがみなさん使い分けとかされてますか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
205
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

abc********さん

2017/8/2621:12:16

データの書き換え回数については
同じフラッシュメモリ同士ですので大きな差はありません。
大きくない差はSDカード同士でもあるので、
USBメモリだからどうとか、SDカードだからどうとか
ということはないですね。

SDカードよりもUSBメモリーの方が
間に入る通信規格の差でUSBメモリーの方が読み書きが早い
というのが一般的ですね。
とくに低価格帯は差が大きくあります。
まぁそれでもフラッシュメモリの性能差も大きいので
絶対にSDカードの方が遅いということもないです。

また、SDカードは用途の性質上
大きな連続するデータの読み書きに有利なチューニングがされているという人もいますが、
実際どうかが分かりません。
実際に速度を計測してみるとやはり大きなデータの読み書きは早いですが、
それはどんなメディアもほとんどがその傾向にありますし、
製品ごとにバランスの差もまちまちでなんとも言えないですね。
作ってる本人の本音を聞いてみないと分からないです。

規格上の物理的性質の差は大きいです。
つまりは、USBメモリの形とSDカードの形による違いです。

SDカードは大きさに制限が大きいため、
USBメモリよりも設計面で不利です。
ですから、安いUSBメモリーほど同価格帯のSDカードよりコスパがよくなりがちです。
ただし、SDカードの方が需要が大きいため、
競争面で有利なSDカードはすぐに追いついてきます。
また、大容量モデルの入手のしやすさは
需要の大きなSDカードの方が上になりやすいです。
たとえば、
現在200GBレベルのUSBはなかなか売っていないですが、
SDカードはわりと普通見かけるかなと思います。(個人的見解ですが)
同様に中古も需要が大きいほどタマ数が多くて中古も出回り価格が下がります。
SDカードの方が安いかもしれませんね。

USBは元より耐久性を重視したコネクタ形状となっており、
また接点部分は基本的に内側にあって物理的に触れることは難しい構造となっています。
しかしSDカードは接点部分が露出形状であり、
規格で設計されたこの形状が製品レベルで改良されることはあり得ません。
接点部分の露出は
フラッシュメモリの性質上非常に大きな弱点であり、
SDカードは別途ケースに入れることが必須となります。
USBメモリはキャップなどなくても困りません。
いやまぁキャップをなくすとなんとなく嫌な気持ちにはなりますが。

一方。USBメモリは端子の規格上、
端子より小さなマイクロSDカードよりは大きなものにせざるを得ません。
これもまた規格からくる欠点といえるでしょう。

質問した人からのコメント

2017/9/1 06:50:08

みなさん言われてるように大した差はないのですね。
デジカメでSDの際、稀にカード認識しなかったり、エラー表示などがあったので。
他のデータ移動なんかはUSB使用ですが異常はなく、性能差などがあるのかと疑問に感じたので。みなさんありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

blm********さん

2017/8/2620:32:00

どっちにしても、
ある日突然「フォーマットしますか?」と表示されるので過信しない事。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ise********さん

2017/8/2602:12:41

PC間のデータ移動にはUSBメモリを主に使って、
カメラなどとPCとのデータ移動にはSDカードを主に使っています。

速度などの性能についてはSD・USBメモリとも金額しだいです。
ただしSDカードについてはカードリーダーの性能やPCに接続するインタフェースも大きく影響してくるので、気になるようであればそちらも確認したほうが良いかもしれません。

spi********さん

2017/8/2513:10:37

SDカードを頑丈なUSBカードリーダに付ければUSBメモリとして使えますね。
以下話が少しそれますが、こんなのを使えばMicroSDが小型(USBマウスの受信機程度の大きさ)のUSBメモリみたいになります。
つまり、両者に性能的な差異は無いといえます。
https://www.amazon.co.jp/iBUFFALO-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83...

もちろんUSBメモリ同士でも、SDカード同士でもメモリチップの性能差はあります。
アクセス速度の違い(=読み書きの速度の違い)がありますし、寿命も違うかもしれません(品質の問題)



形状的な違いはあるので、USBメモリの方が物理的強度はあるでしょう。
ただUSBメモリはいろいろな形状がありますので、個々でかなり違ってくると思います。


元々
USBメモリ:データの一時持ち出し用
SDカード:写真等のデータの一時保管用
という位置づけで開発されたものです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

sih********さん

2017/8/2513:00:36

> 書き込み、読み込み、保存期間、使用回数、記録する内容などにより、それぞれメリット、デメリットなど何か性能差(特徴?)がありますか?

SD カードと USB メモリは、どちらも「フラッシュメモリ」を用いています。
基本的な特性は同じですので、機能面での差は無いと考えて良いでしょう。


> USBは書き込み読み込み時間が早いが、書き込み限界回数がSDにくらべ低い。

無いですね。
ただ、USB メモリも SD カードも、製品によってアクセス速度が異なります。
「USB メモリと SD カード」という比較は出来ませんが、製品による違いはあるでしょう。


> SDは画像の保存は得意だが、プログラムデータの保存は苦手でエラーが出やすい

これは無いと思います。
画像もプログラムも、データの内容が違うだけで、データという観点では同じですから。


> 記録容量やスピード、もちろん価格も考慮してですがみなさん使い分けとかされてますか?

用途や使用するデバイスで使い分けています。

たとえば、スマホとデータを共有する場合は、micro SD カードを使います。
USB メモリの場合、変換アダプタが無いと使えませんから。

また、パソコン同士のやり取りの場合は、USB メモリを使うことが多いです。
SD カードリーダーを搭載していないパソコンもありますから。
(逆に、USB が使えないパソコンは、ほぼ無いでしょう)

記録容量やスピード、価格によって、SD カードと USB メモリを分けることはないですね。
もちろん、目的に応じて必要な容量や求めるスピードというのは考慮しますけど。
ただ、前述の通り用途によって既にどちらが良いのかを決めていることが多いので、あくまでもそれぞれの中でどの製品を選ぶかというお話になります。

ans********さん

2017/8/2512:49:41

使うシュチエーションや用途でどちらにするか決めればいいか決めるだけだと思いますが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる