ここから本文です

ローパスフィルターについてですが、抵抗とコンデンサ一つずつのシンプルなものと...

hr7********さん

2017/8/2712:09:31

ローパスフィルターについてですが、抵抗とコンデンサ一つずつのシンプルなものと,オペアンプを使ったものではどんな利点と欠点があるのですか?シンプルなものをプリアンプとパワーアンプの間

に入れることを考えています。

オペアンプ,プリアンプ,コンデンサ一つ,ローパスフィルター,パワーアンプ,コンデンサ,電圧利得

閲覧数:
307
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/8/2910:27:59

■先ずは、アクティブフィルタとパッシブフィルタの違いを此方で学習。http://amplet.tokyo/tu/pdf/12.pdf

■パッシブの利点
電源が不要→よって出力電圧には電源による制限が無い
半導体を使わない→半導体による歪みや位相のズレが無い。
故障が少ない

■アクティブの利点
入出力インピーダンスや増幅度が容易に変えられる。

■先ずは、アクティブフィルタとパッシブフィルタの違いを此方で学習。http://amplet.tokyo/t...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

okw********さん

2017/8/2713:40:15

抵抗のコンデンサだけの回路(Passive)
【メリット】電源が不要。ノイズが小さい(抵抗の熱雑音のみ)。信号 レべルが大きくなっても歪が小さい(コンデンサの特性に依存)。負荷抵抗が一定なら減衰特性は理想特性に近い。
【デメリット】電圧利得を1より大きくできない。位相反転できない。負荷の大きさによって特性(透過域の利得とカットオフ周波数)が変わってしまう。

オペアンプを使った回路(Active)
【メリット】電圧利得を1より大きくできる。位相反転できる。負荷の大きさによって特性が変わりにくい。
【デメリット】電源が必要。オペアンプのノイズが加わる。出力信号 レべルが大きくなると(出力電圧に近づくと)歪が大きくなる。負荷抵抗が小さいほど、周波数が高いほど、減衰特性が理想特性からずれてくる(オペアンプの特性に依存)。

抵抗のコンデンサだけの回路(Passive)
【メリット】電源が不要。ノイズが小さい(抵抗の熱雑音のみ)。信号...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる