ここから本文です

大艦巨砲主義が航空機、そしてその後の誘導ミサイルの発達によって成り立たなくな...

君のあさ。さん

2017/8/3100:05:50

大艦巨砲主義が航空機、そしてその後の誘導ミサイルの発達によって成り立たなくなったというのは本当でしょうか?

最初からどの時代においても成り立たない幻想だったのではありませんか?

閲覧数:
141
回答数:
10
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

わっかさん

2017/8/3107:29:58

うん、その通りかも。
大艦巨砲主義の根拠となったのが日本海海戦。戦艦の強力な主砲は、砲撃で敵の戦艦を殲滅できる事が判明したというのでね。しかし所詮戦艦は、根拠地からのこのこ出て行って、せいぜい20km程度を制圧できる砲撃を行うだけの兵器。日本海海戦は、ロシア側がたまたま戦略的隘路に追い込まれ、日本近海でアンブッシュする連合艦隊のワナにハマっただけ。しかも世界最長の遠征航海を、利用できる根拠地も無くやり遂げた挙句の海戦という特殊条件。これは特異な例に過ぎないんだよね。
つまり戦艦というのは、重砲の砲台と一緒で、防御的兵器に過ぎない。バルチック艦隊の長距離遠征の失敗は、実は戦艦が攻撃的兵器にはなり得ないことを証明したとも言えるのだよ。
ドレッドノートに始まり、オライオン級で確立した大艦巨砲主義の流れは、戦艦という限られた用途の艦種の強化には役立つが、戦艦自体がこの時期の海上権の維持に無力となってしまった状況(第一次世界大戦でさえ、主戦力は潜水艦と対潜部隊!)からすれば、戦争の帰趨には影響しない補強になってしまっていたわけです。
従って、その思想が成立した時点で、既に誤解に基づく幻想でしかなかった。はい、その通りです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zdj********さん

2017/8/3112:17:40

IQ60もあればわかりそうなものなのだが。

ooh********さん

2017/8/3111:53:08

全くの誤りではありませんが、魚雷を軽視しすぎているかと。

航空機やミサイルは、大砲以外の「砲弾を運ぶ方法」を提示しましたが、
それ以前に、魚雷という小型艦艇でも大型艦を仕留めうる兵器が存在し、発展を続けていました。
空母が実用化さかれた頃にはもう戦艦の絶対性は揺らいでいました。

大艦巨砲は、大砲で殴り合うという条件下では、最も合理的な選択です。
これに最適化することで戦艦は絶対的な強さを得ましたが、しかしだからこそ、敵は同じ土俵では戦おうとはしません。
大砲以外の兵器を研究したり、戦艦と正面から戦うことを避けるようになります。
こうやって敵の取りうる手段を制約することを「抑止」といい、活躍しないことが最大の活躍となります。

2017/8/3108:22:04

考え方が違うんです(笑)。

貴殿が挙げた兵器群は、それぞれの時代に於けるハイテクノロジーを具現化したモノで、当然、その時期に於いては最強兵器だった訳です。

但し、戦争が起こる度に、軍事に用いられるtechnologyのimprovementは加速して、10~20年も経てば、以前の常識(運用方法)が通用しなくなる、という状況になっていった訳ですね。

別に、軍事に限った話ではありません。貴殿の周囲にある家電、それらのことを考えてみて下さい。10~20年前の製品は、まだ使えるけれど、スペック的には現在の最低グレード以下、なんてことがある筈です。軍事に於いてもそうだ、ということですね。

bir********さん

2017/8/3106:56:03

航空機よりも第一次大戦のガリポリ攻防戦で
大艦巨砲主義は割に合わないことが証明
されています。この連合国側の上陸作戦は
英国艦隊がトルコの砲陣地を砲撃で制圧は
出来なかったから強行されて失敗している
という顛末ですから。

tlk********さん

2017/8/3104:59:10

仮想敵国が大艦巨砲主義による戦艦の保有を続けていれば成立します。
米国相手の戦争では現有戦艦を全滅させても長期戦になると戦艦でさえ大量に建造出来る事が怖いのです。(戦艦を建造出来る建造ドックが国内に大量に存在するのです。)
だから山本五十六も開戦後の半年から1年しか有利な戦いは出来ないと言っていたのです。(奇襲で米国太平洋艦隊の主力を壊滅させても直ぐに新造した新型艦艇で太平洋艦隊を復活させて仕舞うからです。しかも艦隊規模が2~4倍になって復活します。)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる