ここから本文です

日本史大喜利 -戦国時代編- 【東大寺大仏殿の戦い⑭】 [東大寺大仏殿の戦...

星亀Fさん

2017/9/507:50:01

日本史大喜利 -戦国時代編-


【東大寺大仏殿の戦い⑭】

[東大寺大仏殿の戦い(とうだいじだいぶつでんのたたかい)]
とは、1567年(永禄10年)4月18日から10月11日の、およそ半年間、永禄の

変後に、三好氏の家政を牛耳って、調子ブッこいてた
松永 久秀・三好 義継

三好三人衆・筒井 順慶・池田 勝正
らが、大和国(現在の奈良県)東大寺周辺で繰り広げた戦いです。

大和国は元々、興福寺に守護の権限があり、興福寺の衆徒であった筒井 順昭が戦国大名化して大和を平定していたのですが、順昭の死後、後継者である筒井 順慶が、まだ幼い事をいいことに、1559年(永禄2年)、久秀は大和に侵攻し、筒井氏の所領と、興福寺が持つ守護の地位を奪い取り、大和守護を自称するようになったのです。


1567年(永禄10年)5月15日、篠原 長房&池田 勝正の連合軍が、8000の兵で大和に入国し、5月17日に西方寺に布陣します。

翌5月18日、池田軍は宿院城を攻めたのですが、松永軍は宿院城に精鋭部隊を配置しており、池田軍は多くの兵を失い、西方寺に退却しました。

5月23日、今度は、松永軍の本拠地である多聞山城を攻めるべく、多聞山城の背後にある大豆山に陣をひいたのですが、翌日、松永軍に撃退されて、再び西方寺に退却しました…


【大喜利】

城攻めに二度も失敗した池田 勝正…★ ´_`

二連敗の敗因は、何だったんですか?


(次回をおたのしみに☆) [星亀F]

閲覧数:
43
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki********さん

2017/9/508:44:21

5月が意外と暑かった。

質問した人からのコメント

2017/9/9 22:57:53

暑さ対策を怠った!?


みなさん、おもしろい回答をしていただき、ありがとうございました♪

みんなで楽しく、日本の歴史を学びましょう!?

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

敵に神龍の召喚を先こされた!

知 (しる)さん

2017/9/514:17:16

仏様の前で 己の野望のまま無用な殺生をし尽くした。

因果応報。

2017/9/512:24:11

見た事のないトグロを巻いたクソが出た。

ロマンさん

2017/9/510:21:27

全員剣装備で攻城兵器が力士だった

pon********さん

2017/9/509:39:34

徹夜マージャン明けだったー!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる