ここから本文です

JAの30年満期の養老生命共済が、まもなく満期を迎えます。そこで質問ですが、一...

ygt********さん

2017/9/600:24:19

JAの30年満期の養老生命共済が、まもなく満期を迎えます。そこで質問ですが、一時金で受け取るのと定期年金で受け取るのとでは、どちらが税金の総額が少なくて済みますか? 条件として

は 満期 1000万円 払込保険料総額 約550万円
年金で受け取る場合10年定期年金
一時金の場合は一時所得、年金の場合は雑所得になると思いますが、一度一時金で受け取って一時所得の恩恵を受けてから前期前納で年金商品に入れば、最初から年金として受け取るより、現在の予定利率が低い年金商品で受け取った方が、雑所得としての税金があまりかからないのではないかと思ったりします。
どなたか税金に詳しい方の良きアドバイスをお願い致します。

閲覧数:
1,462
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aji********さん

2017/9/608:16:18

所得税は総合課税の超過累進課税になります。
噛み砕いていうと、
いろんな所得を合算して、所得が多い人ほど税率が高くなるということです。

ですので、一時金として受け取る時に他にどんな所得があるのか、年金として受け取る時に他にどんな所得があるのかがわからないと一概にどちらが得になるかはわからないです。
また、一般的に年金で受け取る方が、受け取る額面は多くなるものだと思います。その辺りも考慮に入れる必要がありそうです。

個人的には、あまり深く考えずに、今お金をもらった方がうれしいのか、先々少しずつもらった方がありがたいのかで単純に決める方がいいのではないかとと思いますよ。

質問した人からのコメント

2017/9/7 21:06:11

回答ありがとうございます!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる