ここから本文です

【機動戦士ガンダム】キシリアがギレンを殺さず、ア・バオア・クーの戦いにジオン...

プロフィール画像

カテゴリマスター

mor********さん

2017/9/901:17:58

【機動戦士ガンダム】キシリアがギレンを殺さず、ア・バオア・クーの戦いにジオンが勝利できたとしたら、その後はどのような歴史的展開が有ったと思いますか?

閲覧数:
465
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gui********さん

2017/9/909:52:18

「キシリアがギレンを殺さず、ア・バオア・クーの戦いにジオンが勝利できたとしたら」

…と、この前提自体がありえない。
確かに、良く
「ギレンの急死で指揮が乱れドロスが沈みジオンが負けた」
とか、得意げに語る人があります。が、本編を見ていないか、
後年の後付けOVAの類をごちゃ混ぜにしてるような人か、そう
いう向きしかそんな事は言いません。
ドロス艦隊が破られたのはギレンの射殺と同時でした。総帥の死
の事実が要塞司令室の中から全く漏れていない時点にも関わらず。
これは、ドロス=ギレン=要塞の命運、という演出効果と共に、
ギレン個人なぞこの戦いの趨勢には何の影響も無い、という冷厳
なドラマ描写でもあったと思います。

そして国家総力戦というモノは、独裁者個人の采配だけで事がどうにか
なるなんて、そんな甘っちょろい話ではありません。「戦術」「現場」
レベルの采配如きで、その上のもっと大きな戦況・戦闘の趨勢といった
ものを覆すなんて絶対無理です。戦略レベルの誤りを戦術レベルで
取り返すなんて事は不可能、というのが古来より戦(いくさ)というもの
のセオリー。
一個人の才覚だけで全世界の命運が左右されるなんて、どっかの別編
ガンダムじゃあるまいし、ファーストはそういう作風ではありません。

第二次大戦末期のF・D・ルーズベルトの急病死や、チャーチル政権
の選挙敗北・退陣が、連合軍のその後の圧倒的攻勢に何か影響を
与えたでしょうか。近代国家の総力戦とはそうしたものなのですし、
また、個人如きで世の中というモノに働きかけられる限界、という
本作のテーマ性とも直結した話でもあるのです。

最終話でキシリアは、「グラナダの戦力と、本国の戦力が残っている」
と同時に、「私が生き延びねばジオンが失われる」と、驚くほど冷静な、
そして醜いホンネを吐いています。もしあの時点でキシリアが脱出に成功
したら、やがて体勢を整え直して侵攻して来るであろう連邦に対し、残さ
れた月と本国の戦力とで「本土決戦」を挑み、連邦に大出血を強いる事
で有利な条件による講和を勝ち取る…これがあの時点であり得たジオン
の「勝利」なるモノの実情です。
言い換えれば、ジオンの銃後の一般国民と将兵の血と屍をタテにして、
指導層だけは生き延びようと言う事。キシリア自身が、自国にはそんな
選択肢しか残されていない、と冷徹に判断していたわけで。例えギレン
個人が生きていたところで、ジオン必敗は全く覆りようもなかったと
いうのが大前提です。

ソーラ・レイで確かに虎の子の連邦艦隊の1/3は壊滅しましたが、そも
そも母数が違いすぎます。地球圏にはまだまだ戦力…工業生産力と人的
資源も含めて…があるわけで、リカバリーは利く。
それに対しジオン軍は、最新鋭MSの搭乗員の多くが未熟な学徒動員兵
だった事からも解る様に、ア・バオア・クー戦の時点でもはやスカスカ
だったというしかありません。しかも、学徒兵の動員と訓練は、どう
遅めに見積もってもTV本編の開始時にはとうに始まってだいぶ進んで
いたのでなくては、時間軸としてつじつまが合わない。開戦時点で既に
ジオンの戦力なるものは、実に心許ないモノだった、というしか無い
のです。

何せア・バオア・クー戦でのジオンの防衛ラインだって、まるで糸か
紙みたいに細くて薄いものでしかなかった。一旦突破されたらもう
一切取り返しがつかない状態。
普通、拠点の防衛線というのは「縦深陣地」と言って、例えラインを
突破されても、その次にまた大部隊を幾重にも重ねてあるものです。
侵入軍を、側面や背後からも討つというのがセオリーなのです。それ
すら出来ないというのは、兵の頭数も兵器や資材の量も圧倒的に足り
なかったからに他ならない。「連邦の1/30の国力」と総帥自身が
認めるところですから。

ジオンの「勝利」とは、「有利な講和」という意味での「自陣営への
連邦からの軍事的政治的不干渉」としての譲歩を勝ち取る事…でした。
地球圏全面侵攻などという、底なしの消耗戦と長期戦に出た時点で、
そうした意味でのジオンの「勝利」なんてもの、実は最初からありえ
なかった…と言わざるを得ません。

「キシリアがギレンを殺さず、ア・バオア・クーの戦いにジオンが勝利できたとしたら」...

  • 質問者

    mor********さん

    2017/9/916:50:51

    詳しい回答ありがとうございます。

    >残された月と本国の戦力とで「本土決戦」を挑み、
    >連邦に大出血を強いる事で有利な条件による講和を勝ち取る

    本土決戦などやってしまったら、ジオン側の方が疲弊が酷いはずです。
    サイド2の二の舞になって再起不能となるだけじゃないでしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ota********さん

2017/9/901:54:03

ビグザム量産化の話が実現化したり、リアルにマクベの言うあと十年は戦える隠し資金が実はユニコーン時代のジオン残党を支えてるなら、それこそネオジオング1機を死ぬ気で生み出すよりも遥かに容易に大型モビルスーツ量産化が当たり前になっていたかもですよね。
それこそ量産型ジオング、とかも。

ニュータイプについても、ララァの喪失を回避した未来であればジオンの人狩りが施行されて00の超兵養成所みたいにエリートパイロットが確保されたでしょうし…

そうは簡単には連邦も勝てなかったかと。

mon********さん

2017/9/908:04:14

ジオンがア・バオア・クーの防衛に成功したとしても、両陣営がこれ以上戦争を継続することは経済や社会の破綻につながるため、反転攻勢は行わずジオンに有利な条件で休戦または講和に持ち込むものと考えられます。

また、ギレンとキシリアの政治的対立やシャアの存在など火種となる要素が残っていますので程なくしてジオンで内戦が起こるのではないでしょうか。

dad********さん

2017/9/910:39:03

キシリアがグラナダを本拠地として、正統ジオンを起こす。

裏工作で地球連邦軍と手を組み、ジオン公国を倒そうとする。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる