ここから本文です

自己破産について… 先月まで、ちゃんと毎月 なんとか確実に支払い続けてました...

アバター

ID非公開さん

2017/9/922:54:44

自己破産について…

先月まで、ちゃんと毎月 なんとか確実に支払い続けてましたが、
とうとう病気の悪化で、体の限界がきてしまい何にもできなくなりました。
今月はもう支払い不能が確定で

す。病気の回復も見込めず、財産も無く、
周りに迷惑掛けないように、自己破産を検討しました。

そこで、弁護士さんの無料相談にいってきました。
私の借金は、殆ど●●クレジットカードのリボ払いの借金と
●●クレジットカードのキャッシングでの借金です。

なのに弁護士さんが、
「自己破産とクレジットカードは、別の話です」といわれました。

自己破産はできるが、●●クレジットカードと話は別なので、
あとから、訴えられる場合もあるかもしれない。と言われました。
すみません。その事が良く分からないのです。

●●クレジットカードの支払いができないから、収入に目途が立ってないから、
自己破産するのに、

その自己破産に、弁護士費用等に40万円位だして、
大元のクレジットカード会社から、後から 訴えられて、また、
裁判しなければ ならないのですか?

では、初めの自己破産に費やした弁護士さんの費用は無駄なのでは??
自己破産しても無駄でないでしょうか?

わかりません。
わけわからない私にどうか教えていただけないでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。

慣れないiPhoneからの入力なので、誤字脱字失礼いたします。

閲覧数:
1,772
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kim********さん

2017/9/1000:27:01

あなたの借金の総額や年収などにもよりますが、中途半端に債務整理なんかするより、明らかに自己破産した方がいいですよ。

債務整理なんかやっても苦しいのは苦しいです。

世間的には自己破産はとてもヤバい事だと認識されてますが、実際は大した事はありません。

特に困る事もなく普通に生活できます。

自己破産したら今まで苦しんで支払ってたのが馬鹿みたいに思えますから。


自己破産
法テラスに相談してください。
3回までは相談無料(1回30分)
↓ ↓
http://www.houterasu.or.jp/nagare/faq/

法テラスに弁護士さんを紹介してもらえば20万円ほどの費用で済みます。(収入が高い人はこの安い費用で出来る制度を利用できないので大丈夫か聞いてみて下さい)

管財人が付いたら別途掛かりますが。

条件満たせば費用の分割払いも可能です。

住んでる都道府県をクリックして下さい。
↓ ↓
http://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/

自分で弁護士を探して頼むと35万円~50万円ほど掛かります。

自己破産は5年ほどで信用情報からも削除され綺麗になります。銀行からの債務があれば10年ですが。

しかし、自己破産しないで今のままだったら5年後も地獄の生活をして苦しんでるでしょう。
支払っていっても信用情報もブラックで新たな借入は出来ません。
自己破産すれば直ぐに快適な生活が待ってます。

自己破産したからといって何も不便な事はありませんし、戸籍に記載される訳でもなく、会社にバレる訳でもなく、周りにも知られません。(官報を閲覧しに行く人が周りに居るなら別ですがネットで見れる訳じゃないですし、ほとんど金融関係の人しか見ません)

借金がゼロになり再スタート。

自己破産した情報が信用情報から消えるのは

JICC 消費者金融系 5年
CIC クレジットカード系 5年
KSC(JBA) 銀行系 10年

私ならば迷わず自己破産します。

  • kim********さん

    2017/9/1000:28:27

    また、クレジットカードも債務なので自己破産する時の対象なのは100%間違いありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「弁護士無料相談」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

big********さん

2017/9/1310:31:52

債務整理については、他の方が詳しく書かれているので、別の視点で。

自己破産で弁護士費用が40万ですか?ちょっと高すぎます。それに書かれていることが事実なら、意味不明ですね。

他の弁護士を探しましょう。良い弁護士であれば親身になって対応してくれます。

vot********さん

2017/9/1006:19:41

そのクレジットカードは、何に使われたのでしょうか。

税金、ギャンブルや投機取引による借金など、破産しても免責が受けられない債務が破産法に定められています。
そのクレジットカードの債務が免責を受けられないものであれば、原則として破産しても取り立てを受けることになります。

なお、裁量免責と言って、本来は免責を受けられない債務でも裁判所が特別に免責を認めてくれることもあります。

tak********さん

2017/9/923:14:11

クレジット会社からのリボもキャッシングでの借入も債務ですから、自己破産される場合はご自身の債務一覧に計上されます。したがって自己破産申請とクレジット債務の整理が別々ということはありえません。聞き間違いをされたのではないかと思います。弁護士さんにお願いする場合に弁護士費用は発生しますが、債権者からの対応も大変ですし、裁判所での書類申請から提出文書までかなり煩雑な手続きが予想されますので、事前に費用を捻出し、弁護士さんに依頼して進められたほうが良いと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる