ここから本文です

甲特急、乙特急と言いますが、甲や乙の由来はなんですか?

アバター

ID非公開さん

2017/9/1118:42:36

甲特急、乙特急と言いますが、甲や乙の由来はなんですか?

閲覧数:
97
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

och********さん

2017/9/1121:16:50

甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸は十干を表す文字です。
十干とは木・火・土・金・水を兄(え)と弟(と)に分け10種にしたものです。
これを順位を付けるのに用いたのです。
甲はきのえ(木の兄)乙はきのと(木の弟)と読みます。
十干に十二支(干支)を組み合わせたものを十干十二支と言い甲子(きのえのね)から癸亥(みずのえのい)まで60の組み合わせがあります。60年で一回りするので60歳のことを還暦と言います。
甲子園は甲子の年に完成したので甲子園と名付けられました。

アバター

質問した人からのコメント

2017/9/11 21:34:02

ありがとうございます!思い通りの回答でした!!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yu9********さん

2017/9/1119:56:31

甲・乙・丙・丁というのは、かつて、日本で使われていた「規格」の基準です。
今でも、資格では一部残っています。鉄道では、軌道のレベルを表す方法で残っています。「甲」、「特甲」、「乙」、「丙」など。レールの重さ、軌道の安定性などで決められます。
蛇足になるけど、戦前の成績表は「甲」が一番よくて次が「乙」でした。徴兵検査でもそうだったようです。甲種合格なんて言われたら、戦争の最前線に投入されたようです。
そこで、
停車駅の少ない特急を「最も速い」ということで「甲特急」として、甲よりも停車駅が多いものを「乙特急」という表現をしたのです。

dai********さん

2017/9/1119:07:45

名阪甲特急・・大阪難波、大阪上本町、鶴橋、(大和八木)、津、(白子)、(四日市)、(桑名)、近鉄名古屋
大和八木停車は難波発07レ、08レ、09レ、10レ、平日の16レ、17レ、あと土休日の06レ、716レ、717レ、718レ 白子、四日市、桑名は0621レのみ停車。名古屋発は平日の57レ、58レ、59レ、60レ あと、67レ、68レ、69レ、70レ、71レ 土休日ダイヤの758レ、766レ、767レ、768レが停車。
名阪乙特急・・大阪難波、大阪上本町、鶴橋、大和八木、名張、(桔梗が丘)、(伊賀神戸)、津、白子、四日市、桑名、近鉄名古屋。桔梗が丘と伊賀神戸は156レのみ停車。伊賀神戸へは106レ、107レ、169レ、170レ、171レが停車

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

myg********さん

2017/9/1118:52:31

日本・中国など漢字圏で第一を甲、第二を乙と、順位づけしていたことから。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる