ここから本文です

社長の名前で会社受け取りの生命保険に入っていますが、社長が引退して相談役にな...

アバター

ID非公開さん

2017/9/1215:20:58

社長の名前で会社受け取りの生命保険に入っていますが、社長が引退して相談役になります。
次期社長は生命保険に入らずに、相談役の役職で生命保険の掛け金を払い続ける事は可能ですか?

この質問は、50代の男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
45
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ypahoparunasさん

2017/9/1220:17:28

保険自体はかけ続けても、特に問題は発生しません。ただ、「相談役」の場合は、法的な会社の役員ではないので、税務上、保険料が損金として認められるかどうかは、役員報酬や、会社との関わりなど、実態に即して判断されます。判断基準はけっこうファジーなようです。掛け捨ての保険などは、お客さまは普通に続けておられて特に問題になった事例は経験がありません。会長や取締役の場合は、なんの問題もありません。

継続の場合は問題にしないことか多いですが、あらたに保険加入をする場合の方が、チェックが厳しいようです。また、保険会社によって独自のコンプライアンス上のルールをつくっていて、微妙に違うようです。

ところで、新社長に保障は絶対に必要と思いますので、掛け捨てでも必要保証額を加入しておかれることをお勧めします。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。