ここから本文です

ブラム・ストーカーは何人だっ!! 吸血鬼の生みの親で有名なブラム・ストーカー...

mir********さん

2017/9/1610:34:24

ブラム・ストーカーは何人だっ!!
吸血鬼の生みの親で有名なブラム・ストーカーですが、その吸血鬼の元ネタ。

ヴラド・ツェペシュのヴラドって、ブラッド(BLOOD)に近いからの、元ネタな

んですかね?

串刺し公とよばれた、ヴラド・ツェペシュにはあんま血を吸うイメージがないけど。
血を吸うんなら、血の公爵夫人エリザベートだっけ?の方が、近い気が。

閲覧数:
55
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dan********さん

2017/9/1621:09:40

まず、ブラム・ストーカーは「吸血鬼の生みの親」というわけではなく「吸血鬼ドラキュラ」の生みの親です。アイルランドの作家です。

ブラム・ストーカーは若い頃、レ・ファニュの吸血鬼小説『カーミラ』を読んで感銘を受け、後に吸血鬼小説の構想を練り始めました。最初は、吸血鬼の名前は『ヴァンパイア伯爵』といい、舞台はトランシルヴァニアではなくオーストリアでした。

その後、ストーカーはトランシルヴァニアの歴史や伝説などの話を聞いて、その地方の吸血鬼の迷信に興味を持ち、図書館でルーマニアの歴史の本を読み、残酷な王として後世に語り継がれていたヴラド・ツェペシュの事を知り、迷信の吸血鬼と結びつけて吸血鬼ドラキュラというキャラクターを作り上げました。
ヴラドの綴りは「Vlad 」ですので、日本人には似て聞こえても、多分あちらの人には全く違って聞こえると思いますので、そこからの発想ではないと思いますし、どのように「ドラキュラ」の話が作り上げられたかについてはこのようにいろいろ研究がされていますが、音が似てることからの発想という話は聞いたことがありません。関係ないと思われます。

エリザベート(・バートリー)の話ですが、ストーカーが影響を受けた『カーミラ』は女性の吸血鬼の話です。(エリザベートがモデルとも言われていますが実際のところは不明)なので、似たような物は書きたくなかったのかも知れないし、男性の吸血鬼を書きたかったのかも知れません。

質問した人からのコメント

2017/9/17 23:42:33

なるほど!
カーミラの方が先なのですね!
コペルニクス的ジャイアントスイングですね!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる