ここから本文です

ジャズの世界では、b6がついていないマイナーセブンスに対してはエオリアンやフリ...

kin********さん

2017/9/1610:46:02

ジャズの世界では、b6がついていないマイナーセブンスに対してはエオリアンやフリジアんではなくドリアンを演奏し、又ハーフディミニッシュに対してはロクリアンではなくメロディックマイナーのモードであるロクリア

ン#2を演奏するのが基本となっているようですが、
例えば
CM7 Bφ Am7 Em7 FM7 G7 CM7
のようなコード進行でもBφではBロクリアン#2、Am7、Em7ではA,Eドリアンを演奏するものなのでしょうか?あるいはそう演奏すればジャズらしくなる、と考えるのでしょうか?なんとなく、Bロクリアン、Aエオリアン、Eフリジアンを演奏するのが自然に思えるのですが…。

閲覧数:
293
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

bob********さん

2017/9/1712:30:24

>ロクリアン#2を演奏するのが基本


それも含めてコードごとにスケールを決めるのは
大きな誤解。

基本はコード進行に沿って
「導入」→「ドミナント」→「解決」
のパターンをイメージすること。

また、もっと基本的なことは、
「曲のテーマに沿う」ことでしょう。


>CM7 Bφ Am7 Em7 FM7 G7 CM7


カノン進行に似てますね。
「...Eフリジアンを演奏するのが自然に
思えるのですが…。」
にまったく同感です。
進行感を考えたら無理やり奇抜なテンションを入れたら
ミストーンに聴こえる可能性が高いでしょう。

ここの落としどころは、G7 で大きくアウトして
最後に綺麗に解決することだと考えます。

また Bφ → Am7 の代理に G7 → C を想定して
オルタードテンションを使うのも可能ですが、
アウト感は軽くしておいた方がいいと思います。
で、最後に大きくアウトして綺麗に着地という
のがスリリングなソロになるでしょう。

  • 質問者

    kin********さん

    2017/9/1718:14:18

    コードごとにスケールを決めるのは誤解、という考えを私も以前は持っていたのですが、key=CのトニックCM7でCリディアンを弾くとかトニックのAm7でAドリアンを弾くということを聞いてそれに疑いを持ちつつあったところです。やはりそちらが正しいのでしょうか。
    もっとも曲のテーマに沿うことを意識すれば自ずとそうなるかもしれませんが、今あげた例で言うとテーマ中でCM7でCメジャースケールを使っていてもアドリブではリディアンを弾くような気がするのです。どういう考えが正しいんでしょうか。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

Steveさん

2017/9/1717:00:39

Bロクリアン、Aエオリアン、Eフリジアン

でよろしいのではないでしょうか?

ハーフディミニッシュに対してはロクリアンで・・・・と習った記憶がありますが。

jaz********さん

2017/9/1702:26:17

アメリカ在住のジャズピアニストです。

結論から言うとこだわらない方がいいですよ。正解というのはジャズにはありません。

自然かどうかでいえば、そのコード進行だと全てCのダイアトニックスケール上にあるため、白鍵だけ弾いていれば「間違い」ではありません。でもそれだとメリハリもなく、何も面白くありません。

あまりスタンダードのジャズらしからぬコード進行ですね。よくあるミスというのが、コード進行をガチガチに作り上げて、それにテンションノートを加えて何とかジャズっぽくしようというアプローチです。これではジャズにはなりません。コードを変える(リハーモナイズする)のが重要です。

たとえば冒頭は単にベースラインがC→B→Aと移動しているだけで、実際にはBm7♭5の部分はE7onBと考えた方がいいでしょう。次のコード(Am7)のドミナントとなります。

或いは細分化してC→Bm7♭5→E7→Am7とします。どちなにせよBm7♭5の部分でE7オルタード系で演奏しても何ら問題ありませんし、むしろメリハリが出ます。

FM7→G7→Cは、ジャズではDm7→G7→Cとします。これをIIm7→V7→I(ツー・ファイブ・ワン)と呼びます。Dm9とFM7はルートが異なるだけで同じ構成音です。Dm7はドリアン、G7はドミナント系であればなんでもOKです。

Cはリディアンかイオニアン。あえてジャズっぽくしたいのならメジャーセブンス系は全てリディアンが基本です。Cはこのコード進行のトニックですが、それでもリディアンで弾きます。

Em7の部分は、次のコードをFM7にこだわるのならC7にします。次のコードがDm7ならA7にするのもいいでしょうし、D7にするのもいいでしょう。C7の場合はドミナント系なら何でもOK、A7の場合はオルタード系、D7の場合はリディアン7th(アメリカではLydian dominantと呼ぶ)です。

ただし上記のスケールは全て「自然」かどうかでの説明です。つまり教科書通りか、というだけです。その通り弾く必要などありません。

例えばドミナントのスケールを選ぶ場合、次のコードが4度上のマイナーコードの場合は、オルタード系が基本です。メジャーコードの場合は何でもOKです。でもコンディミ(アメリカではhalf-step whole-step diminishedと呼ぶ)を使ってボイシングするのはよくあります。むしろそうしないと単調でつまらない演奏となります。

◆例:Bm7♭5→E7→Am7
E7の部分で低音から、E、D、G#、C#、Fと弾く。コンディミをドロップ2でボイシングしたものです。

ここで素人が「変」だと思ってしまうのがC#です。E7がオルタード系なら♭13度が「自然」だから、♮13度を使うのは「間違い」だと「決めつけて」しまうのです。上記の例のようにトップノートが♭9だとそれほど違和感はないはずです。

でもあなたがもし変だと感じるのなら、もっと耳を鍛え、自分の音楽的許容範囲を広げる必要があります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

***さん

2017/9/1612:11:29

ロクリアン♯2を使うコードは、教科書的にはⅥφや長調におけるⅡφですね。
「CM7 Bφ Am7 Em7 FM7 G7 CM7」なら Cメジャー(アイオニアン)一発でいいじゃん ←って感じ?
ここで Bφで(Bロクリアンでなく)Bロクリアン♯2を使うと、G7♯11/Bと同じようになりますから、まぁいいかもしれませんが、ちょっと扱いづらそうですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる