ここから本文です

私は高校生なのですが3年ほど前から眼鏡に興味を持ち、ブランド品を含め複数所有し...

chi********さん

2017/9/1611:46:39

私は高校生なのですが3年ほど前から眼鏡に興味を持ち、ブランド品を含め複数所有しています。

いま持っている眼鏡は全てセルフレームでとても気に入っているのですが、セルフレームでしばしば使われるウルテムのような超弾性樹脂について教えていただきたいと思い質問します。

2万円以上するようなフレームには先程申し上げたような素材のものがあまりないように思うのですが、それは必ずウルテムのような素材のコストが低いことに起因するものなのでしょうか?何を言いたいかと言いますと、そのような素材が「安くていいもの」なのか、「安いが粗悪なもの」なのかを教えていただきたいのです。後者の場合は高価格帯のフレームにウルテムなどが使われていない理由はその素材のもつ何かしらの欠点によるものだと考えられます。

私はウルテムのフレームの購入を考えています。フィッティングがしにくいというデメリットは知っていますが、その他のマイナスポイントについては私の力では調べることができませんでした。

どなたか眼鏡フレームについて詳しい方、回答よろしくお願いします。

閲覧数:
125
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sta********さん

2017/9/1612:28:09

究極的には「アセテート樹脂」が眼鏡の素材として優秀過ぎるせいだね。
アセテート樹脂の特徴は「透明度が高く」「染色がしやすく」「磨いた時の光沢感が良く」「加工性が良く」「肌触りが良く」「熱を加えると程々の硬度を保ちつつ変形も容易」と言う、あらゆる項目で「眼鏡に対する適正」を示してる訳だ。
ウルテムを使うメリットは「軽くて強く作ることが出来る」という点しか無いんで、必然的に殆どがスポーツ用サングラスにしか使われない。
基本「作りやすくない」って言うのが最大のデメリットなんだろうね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tm5********さん

2017/9/1611:59:06

ウルテムはリムが切れるというか裂けるケースが他の素材より見られます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる