ここから本文です

旦那さんが窃盗の執行猶予中の再犯で逮捕され、実刑判決が出ましたが控訴して、保...

mit********さん

2017/9/2219:59:45

旦那さんが窃盗の執行猶予中の再犯で逮捕され、実刑判決が出ましたが控訴して、保釈申請し申請が通ったので保釈金の立替協会に保釈金を出してもらうのですが、保釈金250万で手数料30万とゆうのは高い気がするのです

がどうなんでしょうか?わかる方詳細と共にお願いします。
因みに、実刑判決前の保釈金は200万の手数料10万程でした。

閲覧数:
762
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hcr********さん

2017/9/2222:18:59

保釈が通ったと言うことは一旦身柄を拘束されたあと、勾留中か拘置所に居たと思いますが
要は、一時的に外で生活はして良いけどペナルティー料としてプレッシャーを課すために儲けられている制度だと思います。検察側としてはリスクのある制度だと思うも思います。
罪状や種類により保釈の通りやすさ、また保釈金も変わると言われていますが、基本的には初犯でかつ執行猶予の可能性のある罪で、集団的でない罪なら 保釈は通りやすく保釈金は概ね100〜200万円くらいが相場では無いでしょうか?
あと他の要素として、本人含め身の回りの環境、身元引受け人の状況などでも変わると思います。

しかし今回のように執行猶予中でもあるにも関わらず、また再犯を犯したケースではそもそも保釈が通った事が比較的珍しいケースでは無いでしょうか。執行猶予の制度は、その期間中は刑の執行は待つからしっかり社会的に更生しなさいと言うありがたい制度です。
そのような期間に、再犯を犯したのであれば検察側からしてもかなりのマイナス要素でしょう。
また、執行猶予期間中に罰金以上の刑を言い渡されると裁判官の判断次第では執行猶予の取り消しかつ、執行猶予中の罪にプラスして今回の罪が合わさり実刑となるケースもあります。
極端な話、執行猶予中は自動車などの運転中に起こした人身事故なども危険です。
ましてや類似の罪で身柄を拘束されたのであれば、検察側としても反省の度合いを見て来るでしょうし200万円そこそこの保釈金が必要となっても不思議な話では無いでしょう。まだ一般人だから数百万円で済みますけど、著名人とかで経済力あったらこんな額では保釈してもらえませんよ。
一般的に、保釈が通ったら執行猶予が付く可能性は高まりますが 今回のように執行猶予中に再犯を犯したケースでは 余程それに長けた弁護士を付けるか、良い裁判官に当たらないと良い結果にはならない気がします。
身内として出来ることは、精一杯頑張って弁護人も私選弁護人を立てて 被害者の方への弁済などもして下さい。
自分は弁護士では無いですが、若い頃同じような事件に巻き込まれて 大変、弁護士さんにお世話になった事があります。

質問した人からのコメント

2017/9/23 14:33:25

詳しく書いて頂いてありがとうございました。大変参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nam********さん

2017/9/2220:42:44

再犯ですよね?しかも執行猶予中の。それだけ信用されてないって事ですよね?前回、あなたがいるから大丈夫っていう理由で執行猶予がつけられたんだと思うのですが?何のために保釈したいのですか?また窃盗をするためですか?

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kit********さん

2017/9/2220:15:14

身内にさん付けなんてすんなよ、クズ!こういう場で質問するなら最低その程度の常識学んでからにしろ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる