ここから本文です

バイクのキャブをOHしたいと考えております。

アバター

ID非公開さん

2017/9/2523:00:29

バイクのキャブをOHしたいと考えております。

フロート室のゴムパッキンを新品に交換する場合、エンジンオイルなどを軽く塗った方がいいのでしょうか?

もしくは専用のグリスがあったりしますか?


そもそもパッキンにオイルやグリス?を塗る必要はあるのでしょうか?

というのも、フロントフォークのOHをしている動画で、トップキャップのパッキンにオイル(この時はフロントフォークオイル)を少し塗って取り付けていて…

しかし、サービスアニュアルで確認したところ、オイルを塗る指定などはなかったのですが、整備の世界では当たり前のことすぎて、あえて書かれていないとかでしょうか?…
(オイルフィルターのパッキンはエンジンオイルを塗る指定がありました。)

質問が多すぎてすみません。まとめます。

1、フロート室のパッキン(純正新品)にオイル(もしくはグリス)を塗る必要はあるか?

2、もし塗る必要がある場合、専用のグリスなどがあるのか?

3、パッキンにオイル(もしくはグリス)を塗ることによって劣化したりはしないのか?(ゴム製品はケミカルに弱いと聞くので…)

4、パッキンにオイル(もしくはグリス)を塗る行為は整備をやるうえで当たり前に知っているべき知識なのか?また、そのパッキンの場所や用途によっても違ってくるのか?

です。回答よろしくお願いします!

閲覧数:
501
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/9/2622:47:14

キャブフロートのパッキンにグリスは不要です。
張り付くと嫌な場合はグリスや液体ガスケットを塗ることはあります。

1、フロートパッキンへのグリス等塗布の必要性 →無い
2、必要な場合、専用のグリスがあるか → 無い。使用可能なグリスはある。
3、パッキン等にグリス等を塗布し劣化しないか → 劣化する組み合わせはある
4、パッキン等へのグリス塗布は必須知識か → 必須でない。マニュアルに従うべき

こんな感じでしょうか。

基本はマニュアルに従い、指定のグリス、オイルの塗布を行うことです。

パッキン、シールなどのゴムは一般的にオイルや溶剤への耐性は低いですが、素材や添加物により必要な耐久性を有するものが使用されます。
ガソリンのラインにもパッキン等は多用されており、溶けたり劣化して崩れたりしませんが同じサイズでも水道用のパッキンをつけると直ぐに膨らんで漏れてしまいます。
一般にゴムは耐熱性も低く、使用箇所に応じた耐熱性のものを用いないとシール漏れなどを生じます。
一般により強い溶剤に耐性のあるゴムは下位の溶剤、オイルなどへの耐性を有し、同時に値段も高くなる傾向があります。

一方、オイルや、オイルに石鹸などで粘度を付与したグリスもベースとなるオイルの性状や添加物により特性が異なりますので、目的、使用環境に適したパッキン等、グリス等の使用が必要になります。

その上で、組立などにおけるパッキン等へのグリス等の塗布は、動作に必要な潤滑剤として行う場合のほか、組立時のパッキンのねじれ、こすれなどによる変形、傷つきなどを防止したり、組立後の動作における潤滑不足を補ったり、再分解におけるパッキンの張りつきを防止したり目的はいろいろでしょう。
使うのはパッキン等がシールしているオイルなりグリスなりを使うのが無難です。防錆潤滑スプレーなど灯油系溶剤のあるものを使うと新品を劣化させることになります。

キャブレターは内部のガソリンが漏れないようパッキン等が使用されますが、同時にシリンダーの近くにあり耐熱性も必要になります。
ガソリンはゴム等に湿潤し劣化させますが、一般的なグリス等も溶かします。そのためキャブ整備で一般的なグリスを使用することは、残りカスがパッキン等の機密性を損ったりする可能性も含めあまり益のあることではないでしょう。
可動部には耐ガソリン、耐熱のフッ素グリスを使用しますが一般流通せず高価になります。


ネットの動画では作業スキルと撮影スキルが乖離し、作業内容は「ちょっとまて」でも映像は素晴しく、解説も手馴れているため納得性が非常に高いものも混ざっていますので、それだけで作業されないほうが無難かと愚考します。

長々と失礼いたしました。

アバター

質問した人からのコメント

2017/9/26 23:33:02

ご回答ありがとうございます。
最も的確で詳細に回答いただいたのでベストアンサーに選ばさせていただきました。

なるほど、動画でオイルを塗っていたのはパッキンのねじれなどを防止するためだったのですね。

おっしゃる通りです。いろんな動画やブログを比較しながら正しい方法を選別していくことが大切だと思いました。


他の方々も丁寧な回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gol********さん

2017/9/2618:48:47

素人ですが回答します。
1 塗らなくていいです。新品で純正なら形も大きさもぴったり。ただし、パッキンの溝とキャブ本体の合わせ面は綺麗にしてください。
4 取り付けする時に回ったり擦れたりする場所ではオイルを塗ります。フォークやキャブのトップキャップは滑りがないと捻れてしまったりします。フォークのオイルシールはオイルで滑らせないとシールのリップを傷めるかも。そんな感じで考えれば対応できます。

rea********さん

2017/9/2610:05:51

基本的には何も塗らないです。

どうしても組つけ時に溝からずれる場合は薄くシリコングリスを塗布します。

2017/9/2600:09:16

パッキンにエンジンオイルなどを軽く塗るやつは素人です。漏れます。
・次にガスケットを剥がす時に、剥がれやすいのですが、そもそもオイルがついてると漏れます、手抜きをしてはいけません、プロには笑われます。

フロントフォークの場合は、オイルシールの内側にシリコングリースを塗るのがメーカー指定です。フォークオイルだと粘度が低いので、漏れたような感じで濡れるし誇りを吸い付けるので錆びる、これも素人がやる事。駄目です。

シリコングリースを塗ると、ストロークするとそのグリースがインナーチューブにうっすら付くので素人さんが漏れてると勘違いするので、フォークオイルを塗る低レベル店員もいますが、フォークオイルでは意味が無いのでちゃんとやりましょう。

ゴムが溶ける場合は、パーツのゴムの違いで溶けたり溶けなかったりします。
指定のグリス以外を使うと溶ける場合があります。溶けさせたくない場合はシリコングリースを使用することが多いです。

そういうトラブルを避けるために生まれたのがスーパールーブのグリスです。
このグリースはゴムを溶かしませんし、極圧性が高いので負荷がかかるところが軽く動くようになり、蒸発もほとんどしないのでカッチカチになりません。
自動車とバイクであればほとんどのグリスと置き換え可能です、Fordの指定グリースです。
でも普通のグリースの20倍位の値段なのでよく考えて使いましょう。

スプレータイプが管理しやすく、作業も楽なのでオススメです。
https://www.amazon.co.jp/Super-Lube-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%...

パッキンにエンジンオイルなどを軽く塗るやつは素人です。漏れます。...

プロフィール画像

カテゴリマスター

m45********さん

2017/9/2523:58:32

フォーク等のオイル塗りは、破損防止のためです。
※オーリング、オイルシール等

キャブの場合塗る必要はありませんが、初期なじませの意味合いで塗る事と思われますが、ガソリンの浸透力によって塗る必要性が無いとも言えます。


エンジン等のガスケットに対しては、初期のなじませ目的で、少量のオイルを塗る場合もあります。
この場合も、塗る必要はありませんが、塗っても問題がないと言う事です。

f15********さん

2017/9/2523:45:59

摺動部の抵抗を減らしてスムーズにさせる為に塗るのがほとんどです。

キャブのパッキンは摺動しないですけど、ゴムの初期保護目的でシリコングリスを

薄く塗る事が多いと思います。

塗らないより塗っておいた方がいいと思いますよ。

オイルフィルターもゴムの抵抗を少なくしてしっかり締まる様にする為です。

ねじれ防止も兼ねてます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる