ここから本文です

借地借家法の買取請求権について質問です。 借地借家法では、借地権の契約更新...

アバター

ID非公開さん

2017/9/2801:57:27

借地借家法の買取請求権について質問です。

借地借家法では、借地権の契約更新期間が1回目20年、2回目以降10年と定められていますが、もし法に基づく契約ではなく借地権設定者、借地権者の話

し合いで4年更新と取り決め、それを何十年に渡って続けてきたとします。
いざ借地を返すとなった際、4年更新で契約満了時になった場合でも借地借家法の買取請求権を行使できるのでしょうか。
それとも買取請求権は、借地借家法の借地権の契約期間を基に行使できるものなのでしょうか。

閲覧数:
70
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/9/2803:00:37

借地借家法の3~4条を検索してください
法で更新期間は指定されています。
例え当事者間で合意した場合でも、
契約期間は、20年・10年になります。
変更は出来ませんよ。
勿論、契約自由の原則は適用されますから
当事者間で買取の合意があれば、
私的自治の原則により買取してもらえますが
法の下で買取請求を行う場合
借地借家法が適用され、更新期間以外での買取は
認められませんよ。
それに、契約の更新が無い場合に買取請求出来るので
合意解除の場合、買取請求出来ないとされています。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac18617さん

2017/9/2805:33:04

借地借家法破りをしているんですから借地借家法の保護はありません。

2017/9/2804:35:45

契約の自由はありますが、民法、借地借家法からすると、4年という期間を決めた自体「無効」です。
従って初めに20年(堅固な構造で30年)となります。

建物等の買取請求権とは、予め決めておく事項であり、これを借主全てが行使出来るものではありません。
土地はあくまで更地で貸し、更地で返すものです。

旧法での貸し借りなら、契約期限が到来しても、その時点で建物があれば更新になります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。