ここから本文です

株とFXのチャートに違いはあるでしょうか? 読み方や活用法は同じでしょうか?

att********さん

2017/10/100:01:01

株とFXのチャートに違いはあるでしょうか?
読み方や活用法は同じでしょうか?

閲覧数:
146
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

m23********さん

2017/10/102:16:12

とても共通点は多いのだけど、細かい部分は違います。

それは、流動性の違いから来ます。東証一部の売買高は一日多くて3兆円ですが、ドル円の流通高は一日100兆円を超えます。通貨市場は、株、債券より流動性が高く、世界で一番流動性のある市場です。

なので、細かいテクニカルの効きやすさや、約定のしやすさはFXのほうが上です。個別株だと、指値が約定しない事は多いですが、流動性のある通貨ペアでは指値はだいたい思ったレートに通りやすいです。(でも、数銭から数十銭スリップすることはかなりよくあって、これが痛い(>_<))

あと、株はFXの主要通貨ペアに比べて、ボラタイル(変動率が高い)で、髭が多くテクニカルが効きにくい印象。あと、主要通貨ペアに比べて、トレンドが変わりやすいイメージです。もちろん、株でも小型と大型ではまた、チャートも変わるし、攻め方も違ってきます。

株は基本的にロングが有利です。FXはロングショートどちらが不利という事はありません。株は逆張りでロングで攻めるのを基本とし、ショートはヘッジ程度で、FXよりも長期に保有するイメージです。

実際、マーケットの魔術師(テクニカルトレーダー編)では過去データーを詳細に調べた人がいて、商品、FX、債券は順張りの共通のストラテジーで行けるけど、株だけは逆張りのストラテジーを分けて使わないと上手くいかないと言っていた人が、数人いました。

私自身は、小型株には手を出しません。流動性が高くないと、自分の得意なテクニカルが上手く機能しないからです。

実際に両方やってみて、感覚をつかむのが良いと思います。FXでチャートをマスターした人は、株も上手にこなせる可能性が高いです。チャートの見方は共通な所が多いからです。

質問した人からのコメント

2017/10/1 18:32:33

チャートの勉強はFXを中心にした方が良さそうですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる