ここから本文です

自動車のサスペンションのバネとショックアブソーバーの全長の差について バネが...

uso********さん

2017/10/218:25:21

自動車のサスペンションのバネとショックアブソーバーの全長の差について
バネが長い場合とショックが長い場合の乗り心地の特徴はなんでしょうか?

閲覧数:
36
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fdk********さん

2017/10/219:35:22

バネが長い場合は、バネの自由長でなく、バネを真っ直ぐに伸ばした場合の長さの比較になると思います。つまり巻きが多いか少ないか。
巻きが多いか少ないかの違いとして、個人的な実体験としては、
長いとトラクションが優れる、乗り心地がイイ。
短いと、反応が早い、軽量。

国際レースをするようなサーキットではS字とかでも結構大き目のコーナーなので、長めのバネが好みでした。
ジムカーナのように切り返しが非常に早い場合、短いバネのほうが合っているかも。

ショックは長さより内部のオイル容量の差が大きいと思います。
同じショックの径(バルブ径)だと長いほうがオイル容量が多いので、基本的にあらゆる場面で高性能です。

例えばねじ式車高調に、全長調整機構を付け加える場合、ショックの長さを短くカットして、その短くした部分に機構を付け加えることになるので、ストロークも減るし、オイル容量も減るので確実に性能ダウンします。
それを補うために別タンクを付けたりします。
ショックが短いことのメリットは思いつきません。

質問した人からのコメント

2017/10/8 22:04:13

回答ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる