ここから本文です

1976年にベレンコ中尉亡命事件が起きましたが、彼の乗ったミグ25が西側に亡命する...

アバター

ID非公開さん

2017/10/315:05:20

1976年にベレンコ中尉亡命事件が起きましたが、彼の乗ったミグ25が西側に亡命するのを阻止するため、ミサイルを積んだ他のミグ戦闘機が彼のミグ25を追いかけたりしなかったのですか?

閲覧数:
208
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ts172514さん

2017/10/318:30:55

ミグ25機種は、後方視界が悪い機種で、ベレンコ中尉は
1番機ではなく、3番機での位置で編隊飛行訓練をしていて
亡命飛行での実行動!アクションでの有無の機会、チャンスを
伺っていました。

で、実履行化!と決めて 少しずつ・・・あえて、自分が
操縦している機体での速度を落として行き、気が付かれない
ようにして、距離を離したら、急降下での操縦操作をして
同時に、任意での故意で、緊急事態発生!での際のスイッチを
押し!その後~海面すれすれでの低高度を飛び、対空ミサイルで
攻撃をされないように、低高度でのレーダーエリアよりも
下側の高度を飛び続けていましたのでね。

でも、弊害で・・・空気抵抗の多さ、空気密度の高さの
低高度!燃料消費率が増加!残燃料量・・・空中給油も無理!
となりましたのでね。

編隊飛行で一緒に飛んでいた、他の2名の操縦士は ベレンコ
中尉が、あえて・・・機体速度を落として距離を開けて行った
事にも、気が付かず!かなり・・・調べられて、査問委員会でね。
と聞いていますよ。

当初は、亡命をするとは?予想外・・・家族家庭関係での
悩みと現状と現実!部隊勤務での軍内部での現状!ソビエト
(当時の)母国、祖国での社会体制自体!不平不満での多さと
強さ!でも、上官に意見具申をしても、無視&却下!

操縦士仲間での同僚にも、プライベート的な事は話さず
でしたのでね。

本当に、機体が急に故障をして、墜落?または、どこかに
不時着!射出座席で脱出での有無?不明・・・と思ったと
聞いていますよ。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nar********さん

2017/10/620:46:04

訓練目的で離陸し、訓練空域に向かう途中にレーダーから突然消えたので、海に墜落したかと思われていて、亡命に気が付いたのは函館空港の着陸後の話。

A-50 早期警戒管制機はこの時まだ配備されていないし、それ以前のTu-126 早期警戒機は低性能で、ソ連全体で試作機を含めて9機しは製造されていないので、おそらく、極東には配備されていなかったはず。なので、行方不明になったMiG-25を継続的に追跡する能力を持っていなかったかったのだから、追跡のしようがない。

訓練目的で離陸し、訓練空域に向かう途中にレーダーから突然消えたので、海に墜落したかと思われていて、亡命に気が付いた...

a11********さん

2017/10/322:32:20

いやいや、別に「私はこれから亡命します!」って宣言してミグ25に乗った訳じゃないから。

通常のローテーションの飛行訓練中にこっそりいなくなったんですよ。一番後ろを飛んでいたので。

ですから皆、墜落の方の心配してたわけで。

ベレンコ中尉が亡命したなんて分かったのは函館空港に着陸してからですよ。

rla********さん

2017/10/318:27:55

どこにいったか見失った、それが正しい答えかと。

地上にレーダーしかなく
低空ですからね。

現代は空からも見てますね。

2017/10/315:30:29

ドラマの様に飛行機を奪って逃げたのなら兎も角、国境付近に向かう作戦の最中に逃げられたら追い掛けようも有りません。

hay********さん

2017/10/315:24:23

間に合わなかったんじゃない?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる