ここから本文です

遅いテンポのツーバスを踏むとき、脚全体や太ももを持ち上げるイメージなどという...

sre********さん

2017/10/401:27:41

遅いテンポのツーバスを踏むとき、脚全体や太ももを持ち上げるイメージなどという解説をよく見るのですが、これをやろうとするとすぐに足がつかれてしまいます。
普通に踏むときや、速いツーバ

ス連打のときは足首を使って踏んでいますがこの踏み方だと遅い連打が踏めません。
僕がやっている脚全体での踏み方はよくある間違った踏み方だと思うのですが、ツーバスを踏むときの脚全体の踏み方とは何がちがうのでしょうか?

閲覧数:
329
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tou********さん

2017/10/622:01:15

足の付け根から落とすことは間違っていません。
むしろそのほうがツーバスの基礎が身に付きます
プロはうまい人は何千時間もかけて練習しているから、
ツーバスに必要な筋肉が発達しています。
最初のほうは筋肉痛になったりしますが、慣れてきたら
面白いくらいに踏めるようになりますよ。
遅いとき→足(体?)全体を使って 大腿四頭筋(太ももの筋肉)を使って
真ん中あたり→付け根からしっかり 下腿三頭筋(膝から下の裏)を使って
速い曲→つま先?で 前脛骨筋(すねの前あたり)を使って

という風に練習していくと足がツーバス用に改造されます。

※時間をかけて適度に休ませて練習しましょう
※継続的に練習しましょう

ドラム頑張ってください!!

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/10/419:37:17

ツーバスのオルタネイト(いわゆるドコドコ)のことだと思うのですが、テンポに限らず、脚を根元から「持ち上げる」感覚だと普通に疲れますし腰にも負担かかりますよ

遅いテンポでも足首は使います
足首を使って脚全体を「跳ね上げる」感覚で踏みます

わかりやすいところで言えば、縄跳びをしているときの脚と足首の動きに近いです
そこにビーターの跳ね返りやスプリングの補助を上手く生かすと、力を一切使わず(一打目の踏み込み除く)に長時間の連打が可能です
速いテンポであっても、基本的には同じ動作(脚全体での動きを抑えていく)なのでBPM200の16分オルタネイトくらいまでは同様の感覚で踏めるかと思います

まぁ百聞は一見に如かずなので、動きがわかりやすい動画を紹介しますので参考にして下さい
https://youtu.be/QG94tbXJp38

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる