ここから本文です

後遺障害認定をもらえるかと等級も教えて下さい。 病名 右小指陣旧性腱性マレッ...

uni********さん

2017/10/417:04:08

後遺障害認定をもらえるかと等級も教えて下さい。

病名 右小指陣旧性腱性マレット指

小指DIP 他動 右 屈曲64度 左 68度
右 伸展-12度 左 0度

自動 右 屈曲42度 左 66度
右 伸展-20度 左 0度

小指PIP 他動 右 屈曲86度 左 100度
右 伸展0度 左 0度

自動 右 屈曲74度 左 90度
右 伸展0度 左 0度

よろしくお願いします。

補足保険会社からは30度以上曲がっていないと適用出来ないと言われました。

数値の見方がわからないので、わかりやすく教えて頂けませんか?

閲覧数:
222
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nek********さん

2017/10/417:11:02

指1本2本の稼働領域制限、程度ではもらえないでしょう。
人差し指、親指でもなさそうですし。
(生活に支障がない、とみなされる)
キーボード打つのに支障あるのにね。

ちなみに私は左ひじに稼働領域制限があります(交通事故で左ひじ関節骨折の後遺症)が、後遺障害認定は貰えていません。
その時の判定基準から、推測で回答させていただきました。

  • nek********さん

    2017/10/417:40:47

    医者に聞いてください。
    (というか医者が説明した際に良く分からないときは、躊躇せず何度も質問しましょう。ご自身の体の事ですよ?)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ueg********さん

2017/10/421:08:43

人間の手指の関節は、3つの関節で構成されています。
指先に近い方から、
DIP(遠位指節間関節)
PIP(近位指節間関節)
MP(中手指節間関節)
といいます。
運動障害による後遺障害の診断は、
PIP、MP関節の主要運動にて判定がなされます。
DIP関節は、屈伸できなくなった状態が認定の対象です。

正常値(基準とされる概ねの数値)
【MP関節】
屈曲90°伸展45°の合計135°
【PIP関節】
屈曲100°伸展0°の合計100°

用廃(後遺障害対象数値)
【MP関節】
屈曲45°伸展25°又は合計で65°
【PIP関節】
屈曲50°伸展0°の合計50°

数値のみで判断するのであれば、
他動による可動域制限で概ね1/2以下の制限が後遺障害の対象です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる