ここから本文です

バリアフリーとユニバーサルデザインはいつ頃日本に広まったのですか?

アバター

ID非公開さん

2017/10/622:12:55

バリアフリーとユニバーサルデザインはいつ頃日本に広まったのですか?

閲覧数:
110
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

chi********さん

2017/10/1010:55:43

ユニバーサルデザインはその思想が紹介されてから関係者には興味を持たれてきましたが、障害者基本法に基づく平成14年の閣議決定による「障害者基本計画」の中でユニバーサルデザインの観点でまちづくりやものづくりを推進するとされたことにより急速に広まりました。

バリアフリーは障害者を対象にしているというところがユニバーサルデザインと違うわけですが、建築分野での検討はもう少し歴史が古く、日本建築学会が建築計画員会にハンディキャップト小委員会を設置したのは1979年ですし、1981年には建設省が身体障害者のための建築設計標準検討委員会を設けて、1983年ごろから、設計標準や設計資料をとりまとめ、主に官公庁施設で適用してきました。ハートビル法は民間建築も法律で規定するということです。

また、フリー司会者だった八代英太(前島英三郎)氏が舞台で負傷して脊椎損傷のため車いす生活になったことを機に、参議院議員に転身し(77年初当選、84年に自民党に移籍)、バリアフリー関係の政府施策を強く推し進めたこともバリアフリー関係の法整備や政府主導の普及に大きく貢献しました。

なお、「高齢者,身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律」の略称は「ハートビル法」です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

apz********さん

2017/10/714:50:17

1994年に通称「ハードビル法」
「高齢者,身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律」

2000年に通称「交通バリアフリー法」
「高齢者,身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」

2006年に通称「バリアフリー新法」(上記2法を一体化)
「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」

1994年の少し前からバリアフリー化が提唱され、法規制となった。
ユニバーサルデザインはハードビル法の施行と同時に取り入れられ始め、2006年のバリアフリー新法で具体的になっている。

プロフィール画像

カテゴリマスター

sen********さん

2017/10/706:19:57

20年ほど前です

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる